1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 愛着関係

育児用語辞典

愛着関係

温かいかかわりが親子の絆(きずな)をつくります

 赤ちゃんが順調に発達するためには、ママが赤ちゃんにほほ笑みかけながら授乳したり、優しく語りかけながら抱っこするなどの日々のかかわりが大切です。このようなママのかかわりの積み重ねが、親子間の温かい絆をつくります。これを愛着関係といいます。

愛着関係は人への信頼感の土台をつくります

 赤ちゃんがママ以外の人に抱っこされると泣きだすなど、人見知りをするようになるのは、愛着関係がきちんとできている証拠です。愛着関係は人への信頼感の土台となるもの。赤ちゃんが成長するとともにパパ、祖父母、きょうだいなど、ママ以外の人たちが愛着の対象となり、人間に対する信頼の輪が広がっていきます。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

愛着関係 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

もうすぐ4カ月になる娘がいます。たくさんかかわってあげたいと思っているのですが、赤ちゃんには抱っこがいちばんいいかかわりなのでしょうか?足を動かして体操をするのがいちばん好きなようで、喜んでくれるので、ついそればかりしています。抱っこのほうが愛着関係がしっかりできるのでしょうか。今のままの接し方でいいのか不安です。
「抱っこばかりすると抱き癖がつく」とだれかに言われましたか?それとも抱っこに自信…
8カ月になる男の子です。あまり人見知りをしない子です。後追いもしません。友だちはトイレにも行けないと言っているのに、私が部屋から出ても泣く様子がありません。私との愛着形成ができていないのでしょうか?
人見知りや後追いは、赤ちゃんによって程度の差があります。もともとの性格による場合…