1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 育児用語辞典
  4. 除去食

育児用語辞典

除去食

アレルゲンとなる食品を除く食事療法です

 食物アレルギーは、原因となる特定の食品によって反応するものです。除去食とは、原因となる食品を除いた食事療法のこと。乳幼児の五大アレルゲンは大人と少し違っていて、卵、牛乳、小麦、魚卵(イクラ)、ピーナッツですが、ほかにも米、大豆、チーズ、ヨーグルト、キウイ、桃、牛肉、鮭、かに、いか、えび、チョコレートなど多くのものがアレルゲンになります。これらの食品に反応することがわかったら、食べさせるのをやめて、代替食品で同じ栄養を補うようにします。

成長とともに除去していたものも食べられるように

 食物アレルギーになると「永遠にそれが食べられない」と心配する人もいますが、正しい除去食を続けていれば、消化器官の発達とともに落ち着いてくることがほとんどです。

よく見られている育児用語

育児用語辞典に戻る

除去食 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

1歳の息子が6カ月のときの血液検査で卵、小麦、牛乳の重度の食物アレルギーとわかりました。1歳の血液検査でも数値はあまり変わらず、さらに大豆が上がり始めました。完全除去なので取り分けることもできず米粉パン、米粉めんなど取り入れてますが、いつもごはんがワンパターンで心苦しいです。カルシウムも煮干しの粉でふりかけを作ったりしてますが、これだけじゃたりない!とあせります。乳幼児期にカルシウムもタンパク質もたりないと、将来体が弱くなるんじゃないかと不安です。
重度の食物アレルギーで、食物の完全除去が必要と診断されているのであれば、診断した…
1才になった男の子です。10カ月でアレルギー検査をしたら、卵アレルギーでした。非特異的lg-Eの測定値が961基準値が170と、かなり多めだとかかりつけの病院で言われました。大きくなったらなくなるから大丈夫とまわりの人は言ってくれますが、こんなに多めの数値でも、なくなるのでしょうか?心配です。
お子さんに何か症状があったためにアレルギー検査を受けられたのでしょうね。食物アレ…