SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. B群溶連菌(GBS)

妊娠用語辞典

B群溶連菌(GBS)

出産時に感染すると、肺炎や髄膜炎になることも

 B群溶連菌(GBS)は通常、腟や尿道、外陰部などに常在し、健康な妊婦さんの約10%が持っているといわれています。妊娠中期・末期に検査が行われますが、陽性と診断される人は少なくありません。この菌を持っていてもとくに自覚症状はありませんし、妊娠経過に影響を及ぼすことはありません。
 ただし出産時に産道を通る際、赤ちゃんに感染すると、急性の場合は生後まもなく赤ちゃんが肺炎や髄膜炎(ずいまくえん)などを起こし、適切な処置が遅れると、生命にかかわる深刻な事態を起こす恐れがあります。
 赤ちゃんへの感染を防ぐために、分娩直前に抗菌薬を投与します。とくに破水して12時間以上経過した場合は、赤ちゃんに感染するリスクがあるため、破水後は抗菌薬の点滴が行われます。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る