SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 妊娠高血圧症候群

妊娠用語辞典

妊娠高血圧症候群

高血圧、または高血圧+尿タンパクの症状があるときに診断されます

 妊娠高血圧症候群は、妊娠によって血管に対する負荷が増すことで起こる病気です。妊娠20週以降に高血圧が見られるとき、または高血圧に尿タンパクを伴う症状が見られたときに診断されます。 症状が悪化すると、赤ちゃんに十分な酸素と栄養が送れなくなり、赤ちゃんが育ちにくい状態(胎児発育不全=FGR)になったり、分娩時に母体が危険な状態になったりする可能性があります。 もともと高血圧や腎臓病、糖尿病などの持病がある人、遺伝的な素因を持っている人はなりやすく、血管が老化し始めた高年の妊婦さんも発症する率が少し高くなります。

適切なカロリー、タンパク量の食事を心がけましょう

 予防の基本はバランスのいい食生活です。適切なカロリー、タンパク量の食事を心がけ、塩分の取りすぎに注意しましょう。つわりが落ち着いて、食欲が出てきたからと、思うままに食べて急激に太りすぎると発症することも。適切な体重管理と規則正しい生活が妊娠高血圧症候群の予防につながります。また、ストレスの多い生活や過労によって緊張が続くと、なりやすいというデータもあります。家事や仕事の合間に小まめに休憩をとり、無理はしないようにしましょう。 妊娠高血圧症候群と診断された場合、唯一の治療法は安静しかありません。自宅療養で症状が改善しないときは、入院して安静を保ちながら経過をみます。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る