SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 細菌性腟炎

妊娠用語辞典

細菌性腟炎

病原菌に感染しやすくなり、絨毛膜羊膜炎の原因に

 腟内の乳酸桿菌(かんきん)が減って、嫌気(けんき)性菌が増えた状態をいいます。ふだんの腟内は乳酸桿菌がたくさんいて、酸性に保つことで病原菌が増えるのを防いでいます。ところが、いったん細菌性腟炎になると、病原菌に感染しやすくなるので、その結果、絨毛膜羊膜炎を起こしやすいと考えられています。
 おりものが増えた、おりものに悪臭があるなどの症状が出る人もいますが、ほとんどの場合は、自覚症状はないでしょう。
 おりものを染色して顕微鏡で見たり、細菌の培養検査で診断します。治療は、腟を洗浄して、抗菌薬の座薬を使いますが、切迫早産の兆候を伴うときは、抗生剤の内服または点滴で治療します。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る