SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 淋病(りんびょう)

妊娠用語辞典

淋病(りんびょう)

感染がわかったら、抗菌薬を使って治療します

 淋菌(りんきん)という細菌が原因で、感染すると黄色く、においのあるおりものが増えることがありますが、ほとんど自覚症状がありません。ただし悪化すると、排尿痛や膿(うみ)のような濁った尿が出る場合も。男性は尿道炎を起こし、膿の混ざった尿が出て、激しい排尿痛を伴うので、すぐに自覚することが多いようです。男女とも、治療せずにほうっておくと、不妊症の原因にもなります。妊娠中に感染すると早産や異所性妊娠の原因にもなり、出産のときに産道で赤ちゃんに感染すると、結膜炎を起こすことがあります。この場合は、点眼薬で治療します。おりものの検査で感染がわかったら、抗菌薬の注射や薬を服用して治療します。きちんと治療すれば完全に治りますから問題ありません。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る