SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. B型肝炎

妊娠用語辞典

B型肝炎

キャリアーの場合、赤ちゃんが産道を通るときに感染する可能性が

 B型肝炎ウイルスによって感染する病気で、発症すると吐きけや食欲低下、全身の倦怠感(けんたいかん)などの症状が現れ、慢性肝炎に移行すると、肝硬変(かんこうへん)や肝臓がんを引き起こすことがあります。ウイルスを持っていても発症しないケースは多く、そういう人をキャリアーと呼んでいます。発症していても、キャリアーの人であっても、妊娠中に胎盤(たいばん)を通して赤ちゃんに感染することはありません。ただし出産の際、産道を通るときにママの血液によって感染する可能性があり、その割合は3人に1人くらいといわれています。

妊娠初期の血液検査で、感染の有無を調べます

 ママがB型肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、妊娠初期に血液検査(HBs抗原検査)で調べます。現在はほとんどの病院でこの検査が行われています。採血をして、B型肝炎ウイルスの表面にあるHBs抗原と中心部分にあるHBe抗原が陽性か陰性かを調べます。HBs抗原が陰性なら感染していないことになるので心配いりませんが、HBs抗原が陽性の場合は、さらに検査を行い、HBe抗原の有無を調べることになります。 HBe抗原が陽性の場合、感染力は強いのですが、母体に抗体があれば赤ちゃんへの影響はそれほど心配ありません。抗体がない場合は、産後すぐに赤ちゃんの血液検査を行い、必要に応じて免疫グロブリン注射やワクチン接種を行います。 HBe抗原が陰性の場合は、感染の事実はあっても感染力は弱いといえます。しかし、感染の可能性がないとはいえないので、希望すれば予防措置を行うことができます。 産後、B型肝炎に感染しているママからの授乳によって、ウイルスが赤ちゃんに移行するかどうかについては専門家の間で意見が異なるため、主治医とよく相談してみましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る