SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 妊娠悪阻

妊娠用語辞典

妊娠悪阻

吐いてばかりで何も食べられないときは治療が必要に

 妊娠に気づき始めたころから、吐きけや胃の不快感などのつわりの症状が出始めます。つわりの症状は個人差が大きいのですが、妊婦さんの約50~80%が体験するといわれています。ほとんどの場合、妊娠週数が進むにつれ、症状は治まっていきますが、中にはつわりの症状が非常に重く、生理的な範囲を超えた病的な症状が続くことがあります。吐いてばかりでほとんど何も食べられない、水分もとれない、1週間に2~3kg以上体重が減った、ほとんど横になって日常生活に支障をきたす、これらの症状がある場合は妊娠悪阻といい、産院での治療が必要になります。 妊娠悪阻の症状でとくに心配なのが脱水症状です。そのまま症状が進むと、全身の代謝機能が低下していくので、水分や栄養補給のための点滴による治療が行われます。入院をしなくてもこうした治療はできますが、ストレスも影響するため、気分を変える意味でも、入院して治療に専念すると効果があります。つわりがあまりにつらい場合は、我慢しないで、すぐに産婦人科を受診しましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る