SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 糖尿病

妊娠用語辞典

糖尿病

血糖値や尿糖を健診でチェック

 膵臓(すいぞう) から分泌されるインスリンというホルモンは、血液中のブドウ糖(血糖)の代謝調節に必要な働きをしています。このインスリンが不足し、エネルギー源であるブドウ糖が十分に利用されず、高血糖となり、尿中に排出されてしまうのが糖尿病です。
 もともと糖尿病だった人が妊娠した場合を「糖尿病合併妊娠(とうにょうびょうがっぺいにんしん)」といい、妊娠中に初めて発見された耐糖能(上昇した血糖値を正常に戻す能力)低下の場合を「妊娠糖尿病(にんしんとうにょうびょう)」といいます。妊娠以前に発見された糖尿病は「妊娠糖尿病」には含まれません。妊娠糖尿病は、定期健診のときの尿検査と血液検査で早めに発見し、治療を行います。

食事療法とインスリン投与で血糖値をコントロールします

 出産まで血糖値が高いままだと、体の機能が未発達な巨大児が生まれる可能性があり、赤ちゃんが呼吸障害を起こす危険もあります。また重症の場合は、反対に低出生体重児として生まれてくることが多くなります。
 症状の度合いにもよりますが、妊娠経過を慎重に観察しながら、食事療法とインスリン投与で血糖をコントロールします。場合によっては入院して、治療をすることも。きちんと血糖値をコントロールできれば、自然に出産を迎えることが多くなります。ただし、出産予定日前に積極的に分娩を誘発し、場合によっては帝王切開分娩になることもあります。
 妊娠前にはかかりつけの医師とよく相談をして、妊娠中はかかりつけ医と産婦人科医の連携のもと、双方の指示をきちんと守りましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る