SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 子宮筋腫

妊娠用語辞典

子宮筋腫

子宮の筋肉の一部が増殖してできた良性の腫瘍です

 子宮は伸縮可能な筋肉(平滑筋=へいかつきん)の袋でできていますが、子宮筋腫はこの筋肉の一部が増殖してこぶのような形に変化した良性の腫瘍のことをいいます。
 自覚症状がないことも多く、妊娠してから受けた超音波検査で、初めて筋腫があることを知ったという妊婦さんも多いようです。妊娠中はホルモンの影響で筋腫も大きくなりますが、出産が終わると小さくなることが多いので、多くの場合は妊娠中は手術を行わず、経過を観察します。ただし、妊娠により急激に大きくなり、痛みが強い場合は妊娠中に筋腫を核出することもあります。

筋腫が子宮口の近くにあると帝王切開分娩に

 子宮筋腫の位置や数、大きさによっては妊娠中からおなかが張りやすかったり、流・早産になりやすい傾向があります。多少、大きめの筋腫があっても、ほとんどの場合、経腟分娩が可能ですが、子宮口の近くや子宮頸部(しきゅうけいぶ)に筋腫がある場合は、分娩時に赤ちゃんが通り抜けられなくなる可能性が高くなるので、帝王切開分娩が選択されます。微弱陣痛になりやすい傾向もありますが、必要に応じて陣痛促進(誘発)薬(子宮収縮薬)などを用いて、有効な陣痛を促進させます。また、帝王切開分娩のときに、筋腫の位置によっては摘出することもあります。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る