SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. インフルエンザ

妊娠用語辞典

インフルエンザ

妊婦には予防接種が推奨されています

 インフルエンザは毎年秋から冬に流行する感染症で、風邪よりも感染力が強く、症状が悪化しやすい傾向があります。いきなり39度以上の熱が出て、頭痛、腰痛、関節痛などの症状が現れます。 妊娠中にインフルエンザに感染しても、ウイルスが直接おなかの赤ちゃんに感染したり、悪影響を及ぼしたりすることはまずありません。ただし、重症化しやすく、高熱が何日も続くと子宮の中の環境も悪くなり、多少赤ちゃんも過ごしづらい状態になるでしょう。とくに切迫流・早産の傾向がある人は、感染によってせきが出て子宮収縮を引き起こすことも。予防を心がけるのはもちろんのこと、感染したときは早めに産婦人科を受診し、処方された薬をきちんと服用しましょう。内科を受診するときは必ず妊娠していることを伝えましょう。 また、インフルエンザワクチンがおなかの赤ちゃんに影響する心配はありません。日本でも妊娠中は妊娠初期から予防接種を受けるように推奨されています(妊娠12週以降を対象としている施設もあります)。主治医と相談して、予防接種をするかどうか決めましょう。予防のためには、流行時期に人の多い場所に出かけるのはなるべく避け、外出後のうがい、手洗いは忘れずにしましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る