SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 受精のしくみ

妊娠用語辞典

受精のしくみ

 女性の下腹部、左右に1つずつある卵巣。月経周期が28日型のママなら、月経開始から14日目くらいが排卵日となり、卵巣から成熟した卵子が出て(排卵)、卵管に入ります。セックスにより数千万も射精されたパパの精子は、ママの子宮に入って卵管に向かい、たった1つの精子だけが卵子と受精します。これにより新しい生命体「受精卵」が誕生し、細胞分裂をしながら卵管から子宮へと向かいます。子宮内膜は妊娠に備えて厚みを増し、ふかふかの状態で受精卵を待っています。受精卵が無事、子宮内膜にもぐり込むと着床となり、妊娠が成立するのです。このとき、月経が28日周期の人は妊娠3週となります。月経が遅れて妊娠に気がつくのは早い人で妊娠4週から5週。産婦人科の初診では、超音波検査で胎嚢と呼ばれる赤ちゃんを包む袋を確認し、正常な妊娠であるかどうかを判断します。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る