1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 薬(処方薬・市販薬)

妊娠用語辞典

薬(処方薬・市販薬)

 妊娠が判明する前や判明直後に飲んだ薬について、不安に感じるママも多いでしょう。ほとんどの場合、妊娠経過やおなかの赤ちゃんに影響はありませんが、妊娠が判明したあとは、頭痛や便秘などの症状があっても、自己判断で薬を飲まずに、かかりつけの医師に相談をするようにしましょう。
 薬の服用で特に注意が必要なのは、妊娠4〜12週末ごろです。この時期は赤ちゃんの主要な器官の形成時期にあたり、影響を及ぼす成分の含まれた薬を服用すると、形態異常が起こることがあります。ただし、妊娠4週未満に飲んだ薬は、赤ちゃんへの影響はまず心配ありません。いずれにしろ、市販薬でも産科以外の処方薬でも、赤ちゃんに悪影響を及ぼす薬の種類はごくわずかです。どんな薬も百パーセント安全とはいえませんが、決められた回数と用量を守り、短期間だけ服用したのであれば、まず大きな心配はありません。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

薬(処方薬・市販薬) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

先日、妊娠が判明しました。現在5週です。妊娠が判明する1週間ほど前から風邪をひいてしまい、ずっと市販の風邪薬を服用していたのですが、胎児になんらかの影響はないのでしょうか?
妊娠がわかる前に飲んだ薬は、心配になりますね。…
慢性便秘で産院でもらった薬では効きません。産院の先生に市販の慢性便秘薬を飲んでも大丈夫だと言われましたが、本当に赤ちゃんに影響しないか少し不安です。
薬の名前や使用している状況がわからないのですが、…