1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 戌の日

妊娠用語辞典

戌の日

腹帯を巻き、安産祈願をする習慣があります

 日本では昔から「帯祝い」といって、妊娠5カ月の戌の日にさらしの腹帯を巻いて、安産祈願をする習慣があります。犬はお産が軽く、一度にたくさんの子どもを産むことから、「安産の守り神」として親しまれ、それにあやかろうというものです。腹帯を巻き、神社などで安産祈願をする習慣は現在も行われていますが、神社で祈祷済みのさらしを受け取り、記念にするだけというママも多いようです。 戌の日は十二支の「戌」に当たる日で、12日に一度、ひと月に2〜3回程度巡ってきます。パパや家族と一緒にお祝いできるように、みんなの都合のいい日を選ぶといいでしょう。腹帯はママの体を冷えから守り、大きくなったおなかを支えて赤ちゃんを保護するための昔の人の知恵。必ず巻かなくてはいけないものではありませんが、必要に応じて着用しましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

戌の日 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠5カ月です。そろそろ腹帯をする時期かと思うんですが、産院で聞いたら、着けたければ着けていいと聞いたんですが……赤ちゃんにとって、着けるのと着けないのとどちらがよいのでしょうか?
腹帯は、赤ちゃんが無事に生まれることを願う、日本独自の風習の一つです。…
5カ月になり、戌(いぬ)の日に帯をしました。帯は、さらし状のものではなくはくタイプのものです。母から赤ちゃんが下りてこないように毎日(寝るときも)しないといけないと言われたのですが、ずっと着けていると苦しくて気持ち悪くなり、食欲もなくなります。しないといけないものなのでしょうか??
「母親からさらしの帯をすすめられた」という妊婦さんの話をよく聞きます。…
妊娠31週の初めてママです。今まで腹帯をしてきませんでしたが、先日、義母や友人に「腹帯しないと下がってしまう」と言われ購入して着用してみたのですが、腹帯のせいか腰が痛み始めています。腹帯は絶対着けないといけないものですか?
腹帯は、戌(いぬ)の日の安産祈願なども含めて、日本だけに伝わる安産のための風習で…
38週の初産婦(しょさんぷ)です。妊娠5カ月からマタニティガードルをはいているのですが、正期産(せいきさん)の時期に入るとガードルなどで締めつけないほうが赤ちゃんが下りてきやすいと聞きます。この情報は正しいのでしょうか?
ガードルや腹帯でおなかの赤ちゃんが下がるのを抑えることはできません。逆に、腹帯や…