1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 羊水

妊娠用語辞典

羊水

外界からの衝撃を和らげ、赤ちゃんを保温する役目もあります

 子宮の中で、おなかの赤ちゃんが浮かんでいる液体が羊水です。卵膜(らんまく)を構成する羊膜(ようまく)や絨毛膜(じゅうもうまく)から分泌され、妊娠中期を過ぎ、赤ちゃんの腎臓が働き始めると、赤ちゃんのおしっこが大部分を占めるようになります。妊娠初期は無色透明ですが、妊娠後期には赤ちゃんの産毛(うぶげ)や皮脂、細胞などが混ざるので、淡い黄色から乳白色に変わります。個人差はありますが、妊娠時期によって羊水の量が変化し、妊娠8〜9カ月には平均して約700〜800mlまで増え、出産予定日を過ぎると平均約500mlまで減ります。
 外界からの衝撃を和らげ、赤ちゃんの体が羊膜に癒着するのを防ぐ役割があります。また、ママの体温と同じ37度くらいで、赤ちゃんを保温する働きも。陣痛が始まると、子宮口を押し広げ、破水後は産道を清めて、赤ちゃんを通りやすくします。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

羊水 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

今11週です。昨日健診で羊水(ようすい)が少ないと言われてしまいました。「水分を1日1Lから1.5Lはとるように頑張って」と言われました。調べてみると羊水が少ないと赤ちゃんに影響する場合があることなどかかれていて心配になってしまいました。今から水分をしっかりとれば、羊水は増えるのでしょうか?
水分をとると羊水が増えるということは…
妊娠4カ月です。この間健診に行ってきたのですが、超音波で赤ちゃんの大きさと羊水(ようすい)の状態を診ただけで、心拍は確認しませんでした。順調と言われたのですが、健診では毎回心拍は確認しないものなのですか?
実はこれ、よく妊婦さんに聞かれる質問です。赤ちゃんの心拍の音を聞かないと、心拍を…
現在16週3日の40才初高齢出産です。金曜に羊水検査を受け、感染予防で「ビクシリン」250mgを2日分処方されました。羊水検査を受けた夜から今日(日曜)まで薬は飲み終えたのですが、左下腹部が痛く、おなか中心部も痛かったり、生理痛のような鈍痛があったり、キリキリした痛みになったりします。また今日になっては胃痛もあり、検査が原因か、薬のせいか心配です。また妊婦が飲める薬だと言われましたが、ネットで調べると妊婦によくないと書かれていました。大丈夫でしょうか。
羊水検査のあとは、必ず「ビクシリン」などの抗生物質とおなかの張り止めの薬が処方さ…
妊娠6カ月です。昔からファストフードが好きでよく食べていました。妊娠してからはなるべく控えようと思ってますが、月2回くらい食べてしまいます。友人に「ジャンクなもの食べてると羊水(ようすい)の状態が変わる」と言われました。どういうことでしょうか?今後も控える予定ですが、たまに食べるくらいなら問題ないですか?
羊水は羊膜(ようまく)から分泌されたり、赤ちゃんが羊水を飲んで尿として出すことで…
今34週の妊婦です。疑問に思ってお聞きしたいのですが、34週の今は赤ちゃんの胎毛が抜けるころだそうですね。抜けた胎毛はどこに行くんでしょうか?羊水の中にあるなら赤ちゃんは羊水を飲んでいるのに抜けた胎毛も一緒に飲み込んでいるのでしょうか?
抜けた胎毛は、羊水中に浮遊しています。超音波(エコー)でも浮遊物は見えるんですよ…