1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. カンジダ腟炎

妊娠用語辞典

カンジダ腟炎

豆腐のカスのようなおりものが増え、強いかゆみがあります

 カンジダ腟炎は、真菌(しんきん)というカビの一種が原因で起こります。この菌は常在菌といって、腟内や口、のどなどに常にいる菌なのですが、体の抵抗力が落ちたときや抗生剤を多量に使用したときに増殖しやすくなります。また、妊娠すると腟内の自浄作用が落ち、ホルモンの影響で腟内の酸性度が増すので、カンジダ腟炎にかかりやすい状態になります。セックスによっても感染し、治療しても再び発症することもあります。その場合は夫婦一緒に抗真菌薬で治療する必要があります。 症状としては、白い豆腐カスのようなボロボロとしたおりものが増え、外陰部が腫(は)れて発赤し、かなり強いかゆみがあります。 出産までに治っていないと、出産の際に産道で赤ちゃんに感染し、口の中が白くなる鵞口瘡(がこうそう)になったり、おむつかぶれがひどくなることがあります。カンジダ腟炎は腟坐薬(ちつざやく)と外陰部に塗るクリームで2週間ほどで治癒します。お産までにきちんと治しておきましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

カンジダ腟炎 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

カンジダ腟炎が治らなかった場合、経腟分娩は無理ですか?帝王切開になるんでしょうか?
カンジダ腟炎を理由に…
最近デリケートゾーンがものすごくかゆいんです。腟の近くなんですが、腫(は)れていて赤くなってるんです。おりものが増えてくるのはしかたないとはわかってるんですが我慢できなくて。先生に相談したいのですが、男の先生で言いにくいです。
カンジダ腟炎の可能性が…