1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. りんご病

妊娠用語辞典

りんご病

妊娠中に感染しても、ほとんどは無事に出産できます

 パルボウイルスの感染によって起こる病気。多くの人が幼児期から学童期にかかります。発病すると熱が出て、両方の頬がりんごのように赤くなり、関節痛を伴うこともあります。
 妊娠中にこのウイルスに感染すると、おなかの赤ちゃんの赤血球が破壊され、重度の貧血を起こして水腫が起こる可能性があります。妊娠初期には流産、中期以降は危険な状態を招くこともありますが、ほとんどが無事に出産できます。
 今のところ、りんご病の予防ワクチンは開発されていません。子どもがかかることが多いので、小児科の外来など、子どもが多い場所や人込みに行くことを控えるようにしましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

りんご病 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠7週です。よく風疹(ふうしん)やトキソプラズマについての危険性は見るのですが、ほかに気をつけるべき感染症はなんですか?たとえば、今はやっているという手足口病(てあしくちびょう)はどうですか?仕事を続けていて、近くに保育園児のお母さんも何人かいるので、お子さんが病気と聞くと不安になります。
「気をつけるべき感染症」とひとくくりに言ってもたくさんありますので、一部をお話し…
今、妊娠16週です。手足口病に感染してしまった場合、おなかの赤ちゃんに影響はありますか?
手足口病はエンテロウイルスによって起きる病気です。妊婦さんがかかっても、…