1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)

妊娠用語辞典

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)

嚢腫が大きい場合は妊娠中に手術をする場合も

 卵巣は子宮の両脇に1つずつある器官。この卵巣に水や分泌液がたまり、大きく腫(は)れてしまうことを卵巣嚢腫といいます。
 ほとんどが良性の腫瘍(しゅしょう)で、小さい嚢腫なら妊娠しても手術はしないでそのまま様子を見ます。ただし、急に大きくなった場合や、ダグラス窩(ダグラスか=子宮の後ろ側)にできている場合、卵巣の大きさが6cm以上の場合には、お産の邪魔になったり、卵巣嚢腫のつけ根部分がねじれ茎捻転(けいねんてん)を起こし、激痛を伴う恐れがあるため、手術が行われます。
 手術は子宮が大きくなりすぎない妊娠16週ごろまでに行われます。手術を行っても流・早産の原因になったり、その後の妊娠経過や赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。手術後は経過をみて、問題がなければ経腟分娩も可能です。手術では嚢腫部分だけを取るのが普通ですが、状態によっては卵巣ごと摘出することもあります。卵巣は2つありますから、片方の卵巣を摘出した場合でも、妊娠への影響はありません。また、産後は残った卵巣から排卵が行われるので、次の妊娠も可能です。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

生後1カ月の赤ちゃんの母です。卵巣嚢腫が捻れて緊急手術をしました。手術後、痛みで搾乳がおろそかになっていたらお乳が張らなくなり、今までの半分しか出なくなりました。また搾乳や授乳を頑張れば、たくさん出るようになりますか?
緊急手術、大変でしたね。体調はどうですか。その間に母乳分泌が減ってたとのことです…