1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 歯のトラブル

妊娠用語辞典

歯のトラブル

歯周病が早産を引き起こす確率を高くするというデータも

 つわりのときは、歯磨きが不十分になりがち。妊娠中はホルモンの影響により唾液(だえき)の分泌量が減ったり、口の粘膜が充血するなど、口内環境の変化が起こりやすくなります。そのために虫歯や歯周病菌が増えてきます。歯周病が早産を引き起こす確率を高くするという報告もありますから、妊娠中期に一度、歯科健診を受けておくと安心です。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

歯のトラブル ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊婦歯科健診を受けたところ、緊急性のないような虫歯があり、歯磨きすると血が出るなど歯肉炎がありました。でも歯科医は痛み止めで完全に安全なものはないし、X線も絶対に影響がないとはいえない、と言って治療してもらえませんでした。ほかの歯医者に行くか、治療はしなくていいのか悩んでいます。
妊娠中であっても、早めに処置したほうがいいと思います。妊娠中でも…
14週の妊婦です。数日前から歯肉炎になってしまい、痛みがあり歯磨きすると出血があります。歯医者にかかったところ、抗生剤「フロモックス」と鎮痛剤「カロナール」が処方されましたが、赤ちゃんに影響ないか心配で、あまり内服してません。まだ歯肉炎が治りません。しっかり飲んで直したほうがいいでしょうか。痛みに耐える毎日です。
妊娠中は充血しやすく、つわりなどで歯磨きがしにくくなることもあり、歯肉炎になりや…