1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 初乳

妊娠用語辞典

初乳

赤ちゃんを守る免疫物質が豊富に含まれた母乳です

 初乳とは、産後3〜5日ごろまでに出る母乳のことです。通常の母乳=成乳と比べて粘りけがあり、黄色みがかって見えます。初乳は、成乳に比べて分泌される量は少ないのですが、その中には倍以上のタンパク質が含まれています。タンパク質が多いのは分泌型免疫グロブリンAという免疫物質を豊富に含んでいるためです。分泌型免疫グロブリンAは、赤ちゃんの胃や腸などの粘膜の表面に広がって膜をつくり、細菌やウイルス、アレルギーの原因物質の血中への侵入を防ぎます。また初乳中に多く含まれるタンパク質の一つ、ラクトフェリンは、大腸菌に対して強い抵抗力を持っています。 このように、赤ちゃんを病気から守る免疫物質が豊富に含まれているので、ぜひ初乳を飲ませてあげましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

初乳 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

現在25週の初マタです。おふろ上がりに母乳のようなものがだらだらと出続けます。張っているので触ってみると勢いよく飛び出る感じです。最初は黄色っぽかったのですが最近では白くなってきました。初乳は大事と聞いていたので、もう初乳が出てしまったのではないかと不安です。
生まれる前からホルモンの働きで乳汁分泌の準備が始まっているので、妊娠中から分泌が…
現在34週です。最近ごく微量ですが、黄色い分泌物が乳首から出ます。大丈夫でしょうか?
黄色い分泌物は、初乳ですね。産後、赤ちゃんに…