1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 羊水検査

妊娠用語辞典

羊水検査

おなかの赤ちゃんに先天性異常があるかどうかを確定する検査

 胎児の染色体異常や先天性代謝異常、遺伝子異常の確定診断を求めるときに行われる検査です。局所麻酔をしたママの腹部に細い穿刺針(せんししん)を刺して羊水を採取し、その中に含まれる胎児の皮膚の細胞を培養して染色体を調べます。胎盤が子宮のおなか側(針を刺す位置)にある場合や、おなかが張っているときには検査ができません。また200〜300回に1回(0.3%)の割合で流産や感染を起こす可能性もあります。検査前に、本当に検査を受ける必要があるのか、もし異常が見つかったときに、その結果をどう受け止めるのか、ママとパパの間で十分に話し合いましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

羊水検査 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

現在16週3日の40才初高齢出産です。金曜に羊水検査を受け、感染予防で「ビクシリン」250mgを2日分処方されました。羊水検査を受けた夜から今日(日曜)まで薬は飲み終えたのですが、左下腹部が痛く、おなか中心部も痛かったり、生理痛のような鈍痛があったり、キリキリした痛みになったりします。また今日になっては胃痛もあり、検査が原因か、薬のせいか心配です。また妊婦が飲める薬だと言われましたが、ネットで調べると妊婦によくないと書かれていました。大丈夫でしょうか。
羊水検査のあとは、必ず「ビクシリン」などの抗生物質と…