1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 妊婦 水銀

妊娠用語辞典

妊婦 水銀

キンメダイ、メカジキ、本マグロは1週間に1切れが目安です

 私たちが普段の食事で体にとり込んでいる水銀の量は、健康に影響を与えない程度の量で、徐々に排泄されます。ところが、おなかの赤ちゃんは排泄できないため、魚の中に含まれている水銀の量がある一定以上になったとき、胎児の中枢神経に影響が出る可能性が指摘されています。
 厚生労働省により注意が必要とされている魚の中で、一般的によく食べられている魚と摂取の目安量は、キンメダイ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロを1週間に80g(およそ1切れ)、キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)は1週間に2切れです。
 魚は良質なタンパク源でもあります。健康的な食生活のために、いろいろな種類をバランスよく食べましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

妊婦 水銀 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

現在妊娠15週です。私はえびが好きでえびチリやえびマヨとかよく食べていました。しかしネットでえびは水銀に注意と書かれていて心配になりました。実際のところはどうなのでしょうか?
えびに関して、海外では妊婦さんだけでなく、…
先日妊娠がわかり、現在5週ですが、妊娠しているとは気づかずに、4週に入ったころに金目鯛の煮つけを1人で半分くらいと刺し身を5切れほど食べてしまっていました。水銀の影響の恐れがあり、どちらも週1回程度とありましたが、2日連続で食べてしまっていました。赤ちゃんへの影響が心配です。
厚生労働省は、大型の魚などに含まれるメチル水銀が…
夫が青魚が好きです。妊娠中は食べてはいけない魚があると聞きましたが、青魚は大丈夫ですか?
厚生労働省から妊娠中に気をつけなければいけない魚については…