1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 稽留流産(けいりゅうりゅうざん)

妊娠用語辞典

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)

自覚症状が出る前に確認できるようになった流産です

 自覚症状は出ていませんが、子宮内で赤ちゃんが死亡して、赤ちゃんがそのままとどまっている状態です。超音波による検査が普及したため、自覚症状が出る前に早期に確認できるようになった流産です。
 流産と診断されたら、できるだけ早く、子宮内をきれいにする処置を行います。ほとんどが赤ちゃん側の先天的な異常によるもので、ママのせいではありません。赤ちゃんがこれ以上ママの体にとどまると、ママの体自体にダメージを与えてしまうため、「流産という形でママの体を守ってくれた」と考えましょう。今回の流産が次の妊娠に影響を与えることはありません。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

稽留流産(けいりゅうりゅうざん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠12週の初マタです。3~4日前から風邪をひいてしまい、せきと鼻水がひどいです。前回8週で稽留流産(けいりゅうりゅうざん)していてとても不安です。熱はなくて体もそれほどだるくはありません。赤ちゃんに影響はありますか?
せきと鼻水がひどいのはつらいですね。軽い風邪が原因で流産することはありません。…