1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)

妊娠用語辞典

妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)

皮膚の乾燥やかゆみは、多くの妊婦さんに起こる症状です

 妊娠前はあまり乾燥することがなかった人でも、妊娠中はホルモンの影響で、皮膚が乾燥してカサカサしたり粉がふいてしまったりすることがあります。乾燥が進むと、かゆみも強くなってきます。これらの症状は、全妊娠の2〜3%に認められるといわれていて、妊娠性皮膚掻痒症といいます。
 あまりにもかゆいときは、かゆみを止める内服薬やクリームがあるので、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。普段から気をつけたいことは、タオルで汗をふき、シャワーや入浴で体を清潔にし、肌にやさしい綿100%の肌着を着けること。入浴後に保湿力の高いクリームなどでケアしておくといいでしょう。乾燥が激しいときは、肌が敏感になっていますから、刺激の強くない敏感肌用のクリームを選んだほうがいいでしょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠判明前後あたりから肌の乾燥に悩んでます。とくに胸のあたり全体がかゆくて、乳首や乳輪の皮がむけてます。夜中とかにかきむしってる可能性もあるのですが、ブラやシャツに黄色い分泌物がついてることが多々あります。健診はだいぶ先で、かなり込んでる婦人科に行ってるために先生と会話をあまりできずに終わってしまいます。皮膚科を受診すべきでしょうか?
かゆみだけならまだしも、分泌物まで出ている場合は、感染をしている可能性があります…
妊娠9週です。乳首がものすごくかゆくなることがあります。保湿クリームを塗ってもよくならず、無意識にかいてしまい、かさぶたになってることが頻繁にあります。まだまだ先の話ですが、おっぱいが出る腺が傷ついてないかな?とか、子どもが生まれてからちゃんとおっぱい出るのかなとか、心配になってしまいます。
乳首の表面のかゆみやかさぶたなどから、乳腺に傷がつくことはないので、安心してくだ…
現在15週です。2~3週間前あたりから、顔の皮膚がかゆくなり、表皮がボロボロとはがれてしまいます。 もともと敏感&乾燥肌で、冬季になると口まわりがかさついて粉を吹くことがありますが、それ以上にひどく広範囲で、口まわり、鼻、額、頬骨のあたりなどに出てしまっています。セラミド配合の保湿クリームを塗っていますが改善しません。妊娠すると肌荒れになると聞いたことはありましたが、こんなにひどくなるものでしょうか?ネットで検索したところ「肝機能低下」という情報にも行き当たり、心配です。
妊娠初期には、女性ホルモンのエストロゲンによる代謝物質の影響で乾燥しやすくなりま…
妊娠16週の初マタです。乳房が大きくなってきて、乾燥しているのか、かゆみが強く出ています。保湿クリーム(妊娠線ケアクリーム) を塗っていますが改善せず、赤くただれているような、ピンク色のこまかい発疹(ほっしん)が見られます。かいてしまうので、皮膚も赤くなり、色素沈着のようになっています。どのように対処したらいいのか教えてください。
かゆみが強いのは困りましたね。赤くただれているような症状は少し気になります。…
2人目を妊娠しています。妊娠6カ月です。最近体全体にブツブツができてとてもかゆいです。1人目のときにも同じことがあって悩みました。この場合産婦人科の先生、皮膚科の先生どちらに診てもらったほうがいいのでしょうか?
妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)といって、妊娠中、ホルモンの影…