1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 細菌性腟炎

妊娠用語辞典

細菌性腟炎

病原菌に感染しやすくなり、絨毛膜羊膜炎の原因に

 腟内の乳酸桿菌(かんきん)が減って、嫌気(けんき)性菌が増えた状態をいいます。ふだんの腟内は乳酸桿菌がたくさんいて、酸性に保つことで病原菌が増えるのを防いでいます。ところが、いったん細菌性腟炎になると、病原菌に感染しやすくなるので、その結果、絨毛膜羊膜炎を起こしやすいと考えられています。
 おりものが増えた、おりものに悪臭があるなどの症状が出る人もいますが、ほとんどの場合は、自覚症状はないでしょう。
 おりものを染色して顕微鏡で見たり、細菌の培養検査で診断します。治療は、腟を洗浄して、抗菌薬の座薬を使いますが、切迫早産の兆候を伴うときは、抗生剤の内服または点滴で治療します。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

細菌性腟炎 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠10週の健診にて、感染症の疑いがあると言われ、「フラジール錠」を処方されました。先生に「12週になったら、飲んでください」と念を押されたのですが、4カ月に入ってすぐに飲み始めても大丈夫な薬なのでしょうか?通常は腟錠が一般的とネットでは見かけました。胎児に影響がないか、とても不安です。
「フラジール錠」はトリコモナス腟炎や、細菌性腟症の症状がひどい場合に処方されるこ…
妊娠14週です。おりものが多く、1日に4~5回ドバッと出ます。色も透明から茶色っぽいものまでバラつきがあり、時々茶色のカスのようなものがおりものシートについていることがあります。何か病気でしょうか。また前回の健診で採血してまだ結果は聞いてないのですが、病気の場合、血液検査でわかりますか。
おりものが何度も大量に出るのは心配ですね。妊娠初期に行う血液検査は、妊婦さんの健…