1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 抗アレルギー剤

妊娠用語辞典

抗アレルギー剤

妊娠中も必要なら産婦人科医に相談を

 ある特定の食べ物や花粉、ダニ、ほこり、化学物質などに対して、不快な症状を起こすことをアレルギーといいますが、それを抑えるのが抗アレルギー剤です。市販の薬でも医師の処方によるものでも、抗アレルギー剤がおなかの赤ちゃんにとって問題になるようなことはまずありません。ただ、抗アレルギー剤は動物実験で異常が起こることがあり、中には妊娠中は使ってはいけない薬もあります。動物実験の場合は、人間が一度に使う量の何十倍、何百倍もの薬を使った結果ですから、それほど心配することはありません。用法、用量を守って服用していたならそれほど心配ないでしょう。もし、抗アレルギー剤を使う必要がある場合はまず、産婦人科医に使用していいか、使用できない場合はどうしたらいいか相談しましょう。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

抗アレルギー剤 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠16週に入りました。手足がかゆくなり、2日後には全身に湿疹(しっしん)が広がり、かゆみで夜も眠れません。産婦人科では、妊娠すると今まで出なかったアレルギーが出ることがあるとのことで、弱い飲み薬と塗り薬をもらいましたが、よくなるどころか広がってる気がします。原因もわからないので、今後の食事も心配ですし、かゆみでイライラし、精神的に不安定になってます。赤ちゃんがいる下腹もかゆくてボリボリかいてイライラし、自己嫌悪に陥ってます。原因といつよくなるのか、よくなる方法があるのか、少しでも安心材料が欲しいです。
おそらく、妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)でしょう。妊娠中にかゆみを訴える妊婦…