1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 児童手当

妊娠用語辞典

児童手当

もらい損ねないように出生届と同時に申請を

 0才から中学3年生までの子どもがいる家庭を対象に、1人につき月1万5000円(3才以上月1万円、第3子の3才〜小学校修了前のみ1万5000円)が支払われます。ただし所得制限があり、制限額以上の年収の家庭では、支給額が月5000円となります。
 支給は2月、6月、10月の年3回で原則として前月までの支給対象分が特定の口座に振り込まれます。子どもが生まれ、新たに申請する場合、支給されるのは手続きが完了した翌月からです。手続きが遅れた場合、やむを得ない事情がない限り、さかのぼって支払われることはありません。ただし、出生や転入日が月末に近く、申請日が翌月になった場合でも、出生日、あるいは転入日の翌日から15日以内の申請であれば、申請した月から支給されます(15日特例)。ただし、里帰り出産で15日より遅く申請した場合、ひと月分もらい損ねる可能性があります。
 期限を過ぎても申請はできますが、支給開始月が遅れることに注意が必要。そのため、出生届を提出するときに同時に申請するのがおすすめです。申請に必要なものはあらかじめ住んでいる市区町村役所で確認を。(ファイナンシャルプランナー 畠中雅子先生)

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

児童手当 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

現在妊娠6カ月なのですが、産院もろくに行けてません。さらに出産する産院すら決まっていない状態です。もうこの時期だと受け入れてくれる産院を探すのは難しいでしょうか?それと、出産費用を自己負担せず、直接健康保険から産院へお金が支払われるようなことを聞いたのですが、どうすればいいのか知りたいです。お願いします。
とても心配です。ためらわず、今すぐ自宅近くの市区町村役場・役所へ相談してください…