1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 子宮頸管縫縮術

妊娠用語辞典

子宮頸管縫縮術

子宮頸管無力症の治療として行われる手術です

 子宮の入り口である子宮口(しきゅうこう)から腟(ちつ)につながる部分を子宮頸管といいます。お産のときは陣痛とともに子宮口が開き、この子宮頸管を通って赤ちゃんが生まれてきます。ところが、妊娠中に自覚症状もなく突然子宮口が開いてしまうことがあり、これを子宮頸管無力症と呼んでいます。最近は超音波検査で子宮頸管の長さをチェックするので、子宮頸管無力症かどうか判断できるようになりました。診断されたら早めに子宮口を縛る手術が必要です。子宮頸管縫縮術と呼ばれるものですが、術後は医師から安静の指示がなければ通常どおり生活ができます。赤ちゃんが十分に成長する37週前後に抜糸をしてお産を待ちます。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

子宮頸管縫縮術 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

シロッカーの手術をして1カ月がたちましたが、最近風邪をひいて持病のぜんそくが出て、せきが止まりません。義母に「あまりおなかに力を入れては糸が切れるんじゃない?」と言われ 心配になって極力せきを我慢するようにしてますが、おなかに力を入れてると糸は切れて、また縫わないといけなくなってしまうんでしょうか?
シロッカー手術(子宮頸管縫縮術・しきゅうけいかんほうしゅくじゅつ)で…
最近、子宮を縛る手術をしました。安定期に入りパパとHを再開したいと思ってます。生まれるまでしないほうがいいですか?
子宮を縛る手術とは「子宮頸管縫縮術(しきゅうけいかんほうしゅくじゅつ)」のことだ…