1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 妊娠用語辞典
  4. 子宮内膜症

妊娠用語辞典

子宮内膜症

妊娠・出産で症状が改善する場合もあります

 子宮内膜症とは、子宮の内側にあるはずの子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまう病気。子宮内膜は子宮の中で妊娠に備え、着床するのに適した状態となるように厚くなります。ところが妊娠が成立しなかったしなかった場合、この内膜がはがれ落ち月経となるのです。子宮内膜症の場合には、子宮の内腟で起こることが、卵巣や腹腔内など子宮以外の場所でも起こり、毎月はがれ落ちて出血をするのです。そのため、激しい月経痛や排便痛などがあり、腹腔内の癒着などのために不妊症の原因にもなります。
 子宮内膜症の治療には、ホルモン薬で体を妊娠した状態にして月経を止める方法がよく用いられます。それまで子宮内膜症に悩んでいた人も、妊娠・出産で月経が止まった状態になるので出産後は子宮内膜の症状が改善されることが多いです。ですが一方で、再発する可能性もあるので、産後も定期的に婦人科でチェックをしてもらうことをおすすめします。

よく見られている妊娠用語

妊娠用語辞典に戻る

子宮内膜症 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

妊娠7週の妊婦です。今回妊娠判明のタイミングで子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)が見つかりました。チョコレート嚢胞(のうほう)があり、7cmまで大きくなっているとのこと。産院の先生には「妊娠中は大きくならないから大丈夫」と言われましたが、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性はないのでしょうか?不安でいっぱいです。
チョコレート嚢胞とは、…