SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 哺乳びん・乳首の洗い方と消毒法

出産・分娩用語辞典

哺乳びん・乳首の洗い方と消毒法

洗い方

 哺乳びんや乳首は、それぞれ専用のブラシを使うと隅々まで簡単に洗えます。哺乳びんのブラシは素材により異なり、ガラスの場合はナイロン、プラスチックの場合はスポンジのブラシを使うのが一般的です。

(1)洗剤をつける

 専用のブラシに、洗剤をつけます。哺乳びん専用洗剤があれば、それを使うといいでしょう。液をつけすぎないように注意。

(2)哺乳びんを洗う

 ガラス製の哺乳びんはナイロンブラシで洗います。びんの口は汚れが残りがちなので、内側も外側もていねいに。プラスチック製の哺乳びんは、スポンジブラシを使います。ミルクがたまりやすい底の部分を念入りに洗います。

(3)洗い流す

 ひと通りこすり洗いが終わり、汚れが取れたら、洗剤が残らないようにしっかりとすすぎましょう。

(4)乳首を洗う

 乳首は小さく、複雑な形をしているため、専用の小型ブラシがあると便利。内側の穴の部分もしっかり洗います。裏返せる部分は裏返して洗いますが、無理をすると破れるので注意を。

消毒法

 ミルクの付着した哺乳びんや乳首には雑菌が繁殖しやすいため、消毒・殺菌する必要があります。消毒方法には煮沸、つけ置き、電子レンジを使う方法があります。煮沸は経済的ですが手間がかかり、つけ置きは手間がかかりませんが、消毒液が必要です。電子レンジは専用容器が必要ですが、短時間でできます。自分に合った方法を選びましょう。

(1)煮沸消毒

 鍋にお湯を沸騰させ、哺乳びんなどを入れます。乳首は3分、哺乳びんは5分が目安です。引き上げるときは、専用のはさみがあると便利です。

(2)つけ置き消毒

 専用容器などに消毒液を作り、洗浄後の哺乳びんを浸します。ベビー食器の消毒などにも使えます。

(3)電子レンジで消毒

 ケースを電子レンジに入れ、5分加熱すると消毒が完了。そのまま、保存ケースにもなります。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る