SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 哺乳びんと乳首の選び方

出産・分娩用語辞典

哺乳びんと乳首の選び方

母乳育児のママも、搾乳した母乳を飲ませるときはカップや哺乳びんを使います。一般的なゴムの乳首は、赤ちゃんが吸うだけで出てくるので、哺乳びんに慣れると、ママの乳頭を嫌がることもあります。なるべくママの乳頭に近いものを選びましょう。

哺乳びんの種類

・素材

 耐熱ガラス製とプラスチック製があります。耐熱ガラス製は熱に強く、洗っても傷つきにくく、また、汚れが落ちやすいのがメリットです。ただ、プラスチック製に比べて重いため、持ち運びがやや不便です。一方、プラスチック製は軽いものの、傷つきやすいのが欠点。最近は環境ホルモンに配慮した商品が増えています。

・大きさ

 大中小の3種類があります。メーカーによって違いますが、大は約200~240ml、中は120~150ml、小は50ml前後です。一度に飲む量を考えて選ぶようにしましょう。

乳首の種類

・素材

 天然ゴム、イソプレンゴム、シリコーンゴムの3種類があります。ママの乳頭にいちばん感触が近いのは天然ゴムですが、熱に弱く、耐久性が低いのが欠点です。イソプレンゴムやシリコーンゴムのほうが耐久性はよくなります。

・大きさ、穴の形

 穴の大きさは3種類あります。哺乳びんについている乳首は、丸穴とクロスカットが主流です。丸穴は赤ちゃんの成長とともにサイズ変更が必要です。メーカーによっても違いますが、新生児のころはSサイズ、2~3カ月にはMサイズが目安です。説明書で確認しましょう。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る