SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 産褥熱(さんじょくねつ)

出産・分娩用語辞典

産褥熱(さんじょくねつ)

子宮内膜や子宮筋に細菌が感染することが原因に

 子宮内膜や子宮筋に細菌が感染し、高熱が出ます。多くは出産前に感染し、産後に広がります。胎盤(たいばん)がはがれると子宮内膜に傷ができ、そこに腟から細菌が上がってきて、炎症が起きることもあります。
 最近は、破水後の対応など出産前の感染対策が行き届くようになり、産褥熱は少なくなっています。感染のリスクがある場合は、産後の早い時期から抗菌薬を飲み、予防することもあります。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る