SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 臍帯巻絡(さいたいけんらく)

出産・分娩用語辞典

臍帯巻絡(さいたいけんらく)

 胎盤と赤ちゃんを結ぶ臍帯は、長さが50cmほどあります。この臍帯が赤ちゃんの首や手足、胴体に巻きついている状態を「臍帯巻絡」といいます。「赤ちゃんが苦しくないの?」と心配するママは多いのですが、多くの場合、緩く巻きついているだけなので、赤ちゃんに悪影響が及ぶことはほとんどありません。お産も大半は問題なく終わります。
 臍帯巻絡は、全妊婦さんの2~3割と、比較的多く見られます。

お産方法と処置

 お産のときに臍帯巻絡があるとわかっても、そのままの状態で赤ちゃんの娩出を試みます。ほとんどの赤ちゃんは無事に生まれてくるので、巻きついた臍帯は、全身が出たあとでほどきます。
 ただし、分娩中に臍帯が圧迫されたりすると、酸素が十分に届かずに低酸素状態になったり、巻きついた臍帯が障害になって、分娩がスムーズに進まなくなることがあります。その場合は、鉗子分娩(かんしぶんべん)や吸引分娩、帝王切開分娩などで赤ちゃんをすみやかに娩出させます。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る