SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 外陰血腫・腟血腫(がいいんけっしゅ・ちつけっしゅ)

出産・分娩用語辞典

外陰血腫・腟血腫(がいいんけっしゅ・ちつけっしゅ)

 赤ちゃんを娩出したあと、産道の表面は切れていなくても、皮下の血管が破れて出血し、血液が固まってしまうことがあります。外陰部に内出血ができた場合は「外陰血腫」、腟に内出血ができた場合は「腟血腫」といいます。

治療

 外陰血腫や腟血腫はそのままにしておくと、しだいに大きくなり、強い痛みや排便感を伴うので、血液を外に出す必要があります。そのため、内出血している部分に細い誘導管(ドレーン)を入れて、たまった血液を出しきり、それと同時に患部を圧迫して止血する処置を行います。血液を除去して、その後に縫合することもあります。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る