SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 会陰(えいん)保護

出産・分娩用語辞典

会陰(えいん)保護

助産師が、会陰の皮膚が避けないように保護します

 赤ちゃんの頭がママの腟口をスムーズに通過するためには、腟と肛門の間の会陰部と呼ばれる筋肉がやわらかくなり、薄く伸びて腟口が大きく開く必要があります。会陰はとてもデリケートな部分なので、赤ちゃんの頭がいきなり出てくると、裂けてしまうこともあります。そうした裂傷はときには尿道のほうにまで広がってしまうことがあるため、「排臨(はいりん)」といわれる、赤ちゃんの頭が見え隠れしている時点で、会陰部をはさみで切って赤ちゃんが出やすいようにしてあげることがあり、これを「会陰切開(えいんせっかい)」といいます。「できれば会陰切開は避けたい」と感じるママも少なくないでしょうが、赤ちゃんが出てくるときに自然に裂けることもよくあります。一部の産院では、会陰切開を行わない方針のところもありますが、それには、助産師などのお産の介助者が時間をかけながら、上手に会陰保護を行い、会陰裂傷を回避する必要があります。会陰保護は、会陰の皮膚が少しずつ伸びるのを待ちながら、時間をかけて出てくるように介助者が会陰を押さえます。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る