1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 微弱陣痛

出産・分娩用語辞典

微弱陣痛

 赤ちゃんがスムーズに生まれてくるためには、子宮収縮、いわゆる陣痛によって、子宮口が少しずつ開き、赤ちゃんが下りてくるプロセスが必要です。つまり、お産が順調に進むためには、適度な強さの陣痛が不可欠なのです。
 ところが、陣痛が初めから弱かったり(原発性微弱陣痛)、最初は有効な陣痛だったのに途中から弱まってしまった場合(続発性微弱陣痛)を微弱陣痛といいます。
 微弱陣痛の目安は、痛みと痛みの間隔が長い(陣痛が少ない)、いっこうに強まらない、持続時間が短い、などです。ママの自覚症状だけでなく、分娩監視装置でも陣痛の強さや間隔、持続時間をチェックして判断します。

原因

 多胎妊娠や羊水過多症(ようすいかたしょう)、巨大児出産などで子宮が大きくなり、子宮の筋肉が伸びきってしまうと、収縮力が弱まります。また、子宮奇形、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)、高年初産の場合にも起こりやすい傾向があります。このほか、極度に精神的な不安や緊張が強いときや、疲労や睡眠不足などのときにも微弱陣痛になることがあります。

お産方法と処置

 いずれの場合も、原因や微弱陣痛の程度、ママの疲労度、赤ちゃんの元気度によって、治療や対応を考えます。精神的な緊張が強いときは、ママがいちばんリラックスできる方法で休めるようにします。ときには陣痛促進薬を使って、お産を進めることも。また、破水後の微弱陣痛では、分娩が長引くことで、子宮内感染が起こる心配もあるので、帝王切開分娩に切り替えることもあります。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る

微弱陣痛 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

現在、34週5日です。1人目のお産がつらかったと話すと、医師から無痛分娩をすすめられました。無痛分娩では痛みはかなり抑えられますか?微弱陣痛になることはないのですか?
無痛分娩は、的確なタイミングで麻酔が効くと、…
予定日を過ぎてもこれといった兆候がありません。何をしたら陣痛につながりますか!?まわりからまだ生まれないの!?と言われてプレッシャーです。
予定日過ぎて「まだ生まれないの!?」と言われるのはプレッシャーですよね。残念なが…
出産が予定日より3日遅れています。先生からたくさん動くようにと言われ、洗濯したり掃除したりしているのですが、おなかがあまり張りません。張ったとしても横になるとすぐ落ち着いてしまいます。陣痛促進剤を使うのは不安があるので、自然に陣痛が来るのを待っているのですが、何か陣痛を起こしやすくするための方法はありませんか?
予定日を過ぎて、いよいよお産ですね。陣痛を起こしやすくするには、…
予定日を4日過ぎた初産婦です。昨日の朝、水っぽい出血があり、受診しました。破水の検査反応は出なかったものの、先生も「破水っぽいけど様子を見ましょう」と判断され、帰りました。その後、腹痛もなく、胎動はやや少なめかなと思いますが、少し出血する程度でした。深夜に寝ていると、また水っぽい出血がありました。量は少なく、赤色でさらっとしています。おしるしは粘液性、と本やインターネットに書いてあるので、胎盤早期剥離(たいばんそうきはくり)など危険のある状態なのではないかと不安です。このまま陣痛を待てばいいのでしょうか。
予定日間近の妊婦さんで「水っぽい出血」が見られたら、まず破水を疑います。一度破水…