1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産用語辞典
  4. 癒着胎盤(ゆちゃくたいばん)

出産用語辞典

癒着胎盤(ゆちゃくたいばん)

 通常、胎盤は赤ちゃんの誕生後にはがれて娩出されます。しかし、子宮壁に根を下ろすようにくっついていると、はがれないまま子宮内に残ることがあります。これを「癒着胎盤」といいます。
 過去に子宮の手術で子宮内膜に傷あとがあったり、子宮内膜そのものが欠損していたりした場合、胎盤は直接子宮壁に根を下ろすことになるため、癒着胎盤を起こすことがあります。

治療

 後陣痛(こうじんつう)があり、介助をしても胎盤が出てこないときは、癒着胎盤の可能性が。その場合には、医師が子宮内に手を入れ、速やかに胎盤を剥離します。ほとんどの場合、この方法で娩出ができ、出血の心配なく終わります。

よく見られている出産用語

出産用語辞典に戻る

癒着胎盤(ゆちゃくたいばん) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」……
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…