1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産用語辞典
  4. 浣腸(かんちょう)

出産用語辞典

浣腸(かんちょう)

 直腸に便がたまっていると、産道が便で押されて狭くなり、赤ちゃんの頭が下がりにくくなることがあります。また、ママがいきんだとき赤ちゃんと一緒に便が出てしまう心配があります。
 排泄された便が赤ちゃんやママの外陰部(がいいんぶ)の小さな傷につくと、便の中の細菌が、赤ちゃんやママに感染する可能性も。そこで、妊娠中の便秘が解消されていないときは、浣腸を済ませておくと、お産の進行を助け、便が出るのを気にしないで、十分にいきむことができるのです。
 ただし、最近では行わない産院も増えてきています。

よく見られている出産用語

出産用語辞典に戻る

浣腸(かんちょう) ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

37週です。便秘で悩んでいます。病院からの下剤も飲んでるんですが、なかなか思うように出ません。出産のときに浣腸(かんちょう)をすると聞いたのですが、今の時点で自分で浣腸するのはよくないのでしょうか?ずっとつらいので、一度スッキリさせたいのですが…。
浣腸は妊娠初期・中期は…
「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…