1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 乳腺炎

出産・分娩用語辞典

乳腺炎

乳汁のうっ滞している部分が細菌に感染して起こります

 乳房がパンパンにかたく張って、痛みがあり、熱が出たときは乳腺炎の可能性があります。お産の入院中になることはまれで、むしろ、乳汁の分泌がスムーズになる産後2〜4週間ころから起きやすいようです。乳腺炎は乳汁のうっ滞している部分が細菌に感染して起こるため、乳汁の分泌がよい人はなりやすい傾向があります。
 母体の免疫力が低下していると、切れたり、傷ついた乳頭から細菌感染することがあるので、乳頭の傷ができたときは、早めに産院の母乳外来などを受診しましょう。高熱や痛みがあるときも、早めに受診を。必要に応じて抗菌薬や消炎薬、漢方薬などが処方されます。薬の成分は母乳に微量混じりますが、赤ちゃんへの悪影響はないので、できるだけ授乳は続けましょう。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る

乳腺炎 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

2才の男の子と4カ月の女の子のパパをしています。今下の子がRSウイルスに感染してしまい、ぜぇぜぇ言いながらおっぱいを飲んでいます。そのせいなのか上手に飲めていないみたいで、妻が初めて乳腺炎(にゅうせんえん)のような状態になってしまい、搾乳器を使ってもまだ痛いらしくて……。このような状況のときは、やっぱり病院に行くべきですか?
ママの乳腺炎も心配ですが、4カ月の赤ちゃんの症状がもっと心配です。…
「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…