1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産用語辞典
  4. 低出生体重児

出産用語辞典

低出生体重児

出生体重が2500g未満の赤ちゃんのこと

 体重が2500g未満の赤ちゃんを「低出生体重児」といい、そのうち1500g未満を「極(ごく)低出生体重児」、1000g未満を「超(ちょう)低出生体重児」と呼んでいます。昔は早く生まれたり、小さく生まれたりした赤ちゃんを、おおまかに「未熟児」と呼んでいましたが、現在は出生体重、在胎妊娠週数、胎児の発育などによってこまかく分けています。
 赤ちゃんが小さく生まれる原因はさまざまですが、母体側の原因としては、妊娠中のママの感染症や妊娠高血圧症候群、前置胎盤(ぜんちたいばん)、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)などが挙げられます。赤ちゃん側の原因としては、多胎や、赤ちゃんに先天性の病気がある場合などがあります。

よく見られている出産用語

出産用語辞典に戻る

低出生体重児 ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

11カ月の女の子です。完母で離乳食は1日3回。生まれたときが2222gと小さく、現在も小さめで6700gくらいしかありません。本人は元気で動き回って、最近では歩きそうな感じです。来月から仕事復帰で預ける予定なのですが、母乳の代わりに粉ミルクをあげる練習をするべきなのか、もう卒乳していいのか悩んでいます。ちなみに離乳食は食べむらはあって少し残すこともあるけれど、食べてくれます。
卒乳とはお子さんがおっぱいを必要としなくなるまで、…
「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…