1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産用語辞典
  4. お宮参り

出産用語辞典

お宮参り

氏神様に赤ちゃんの誕生を報告します

 お宮参りは、赤ちゃんが初めて氏神様(うじがみさま=その土地を守っている産土神=うぶすながみ)にお参りして、その土地の子になったことを報告し、認めてもらうことに始まったものです。併せて、子どもの健康と幸福を祈ります。 お参りする日は地方によって50日目、100日目とさまざまですが、一般的には男児は31日目、女児は32日目が多いようです。

服装はある程度改まったスーツやワンピースで

 ママや祖母は黒の紋付きを着るのが習わしでしたが、現在は色無地の紋付きや訪問着などが一般的です。洋服の場合は、外出着程度のスーツやワンピースなどが主流。パパや祖父はきちんとした服装であればスーツやジャケットで構いません。現在は服装にこだわることなく、神様に失礼のない程度の改まった服であればいいでしょう。

お祓いを受ける場合は初穂料を用意して

 お祓(はら)いを受ける場合は、謝礼が必要です。神社によっては最低金額がある場合もありますから、問い合わせてみてください。だいたい3千円から5千円程度です。お金を祝儀袋に入れ、表書きを「初穂料(初穂料)」または「玉串料(たまぐしりょう)」として、赤ちゃんの名前で包みます。お祓いを受けなくても、赤ちゃんと一緒に神社へ行って、お参りするだけでも立派なお宮参りです。

よく見られている出産用語

出産用語辞典に戻る

お宮参り ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

お宮参りが不安。母乳は飲ませていったほうがいいですか?また、出かける時間や季節によって気をつけなければいけないことがあったら教えてください。
お宮参りは、赤ちゃんが無事に生まれたことを氏神に感謝し、これからの健康と幸せを祈…