1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. オキシトシン

出産・分娩用語辞典

オキシトシン

子宮収縮を促す働きのあるホルモンです

 母乳を外に出そうとする働きを持つホルモンで、別名「射乳ホルモン」。母乳の分泌を促すプロラクチン(別名「催乳ホルモン」)と同様に、赤ちゃんが乳首を吸う刺激で分泌されます。オキシトシンには子宮収縮を促す働きがあり、子宮復古(しきゅうふっこ)も促します。
 また、オキシトシンは、本来は女性の体から分泌されるホルモンで、出産のときに陣痛促進薬としても使われています。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る

オキシトシン ママの悩みQ&A

ママの悩みに医師・専門家が回答する「たまひよnet」の人気コーナー「ママの悩みQ&A」から「赤ちゃんの性別」に関するQ&Aをご紹介

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…