1. トップ
  2. 妊活
  3. 20年の症例検証が生んだ一陽館独自の「子宝漢方」。「処方力」と「相談力」で授かるカラダづくりへ【一陽館薬局】

20年の症例検証が生んだ一陽館独自の「子宝漢方」。「処方力」と「相談力」で授かるカラダづくりへ【一陽館薬局】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全スタッフ女性なので、気兼ねなくじっくりご相談いただけます

一陽館薬局

営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜・日曜・祝日
http://www.ichiyokan.com
八木店
電話番号:0120-50-9301
交通:近鉄橿原線「八木西口駅」より徒歩すぐ
一陽館薬房 学園前店
電話番号:0742-51-6855
交通:近鉄奈良線「学園前駅」より徒歩1分

Profile

薬剤師・不妊カウンセラー/かしたに 陽子さん
女性の体質に特化した専門性の高い漢方と、豊富な経験による適切なカウンセリングが高い支持を受けている。1999年漢方専門「正倉館薬局」開局、2004年に女性のための漢方相談「一陽館薬局」を開局以来、30, 000件以上の不妊子宝相談実績を持つ。2017年には新店舗を開業し、現在2店舗体制。著書「30歳からの子宝健康法」が悩める女性から共感を寄せられている。

西洋医学は「対処療法」ですが、子宝漢方は体質そのものの改善を目指す「原因療法」です

漢方では、現在の不妊状態は過去からの様々な要因の積み重ねによって起きているととらえます。日々の食事や生活環境などによって少しずつバランスを崩し始め、それが積み重なって、本来その方が持っているはずの「妊娠する力」が十分に発揮できない状態になってしまっているのです。ですから、例えばホルモン分泌が不足している場合には、西洋医学ではホルモン自体を薬剤として補充しますが、漢方ではホルモン分泌が低下している原因( 臓腑のはたらき)を見つけて、十分に機能できるように適した漢方薬で元気にしていきます。

広く明るい店内は、プライバシーにも配慮しています

「より良い子宮環境を 整えることをめざす」一陽館独自の子宝漢方

不妊状態を引き起こす二大要因は、「腎虚(じんきょ)」と「瘀血(おけつ)」です。腎は、漢方では生命力の源となる力(=腎精)を支配しており、ホルモン分泌や卵子の成熟の主体となりますので、腎精の不足(=腎虚)になると生殖活動に不足が生じます。瘀血というのは、血行の悪い状態が長く続き、停滞した状態です。特に妊娠に重要な子宮や卵巣などが存在する骨盤内の血行不良は、子宮への栄養が届きにくく子宮内膜の質の低下へとつながります。また、子宮内膜症や子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群など不妊原因となる病気の引き金にもなっているのです。

電話相談は、6年以上の子宝カウンセリング実績を持つ専任が担当しています

「授かるカラダ」の目指し方。流産や2人目不妊も

妊活中といっても、状況は人それぞれです。年齢、不妊治療の有無、体質、生活リズムなど、何が足りないのか、改善すべきポイントを明確にして取り組むことが必要です。

医学的には原因がなくても、母体側の体質や体力低下により妊娠が維持できず、流産や2人目不妊の要因と考えられる場合は、漢方薬本来の「体を元気にする」ことで育ちを支えることも期待できます。漢方薬は、病気を治す目的以外にも予防や維持にも使用できるものがありますので、お悩みの方には、ぜひお試しいただきたいと思います。遠方の方にはお電話での無料カウンセリングも行っています。

漢方養生指導士が、食事や生活改善のご相談にもお答えします

Point 発売6年で10,000件以上の実績。子宝漢方サプリ「桃福宝」があなたの妊活をサポートします

妊娠に向けての基本的な体づくりには「赤珠」「黒珠」を。年齢や治療に不安がある場合は、さらに「碧珠」を併用すると効果的です。個別に無料でカウンセリングを受けることができます。

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/