1. トップ
  2. 妊活
  3. 1人でも多くの方に天使を迎えてほしいから。365日体制で最善の治療をご提案。【Clinique de l’Ange】

1人でも多くの方に天使を迎えてほしいから。365日体制で最善の治療をご提案。【Clinique de l’Ange】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受付。疑問に思った事はその日のうちに解決できるよう、スタッフ一同心がけております

Clinique de l’Ange (クリニック ドゥ ランジュ)

住所:東京都港区北青山3-3-13 共和五番館6階
電話番号:03-5413-8067 
交通:東京メトロ千代田線・半蔵門線・銀座線「表参道駅」から徒歩3分
診療時間:9:00~15:30
休診日:年中無休(日曜・祝日も診療しています)
https://www.c-ange.jp/

Profile

院長/末吉 智博先生
1993年千葉大学医学部卒業、1995年千葉大学医学部産科婦人科学教室に入局。2003年加藤レディスクリニック勤務開始。2007年新橋夢クリニック副院長として新規開業の立ち上げに携わる。2012年Shinjuku ART Clinic勤務。2014年11月Clinique de l’Ange開業。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。日本受精着床学会会員。

患者様1人1人に合った治療を提案いたします

完全予約制なので、待合室でもゆったりとお過ごしいただけます

東京メトロ表参道駅と外苑前駅のちょうど中間地点にある 〝クリニック ドゥ ランジュ〞は、フランス語で〝天使のクリニック〞という意味。家族に幸せを運ぶ赤ちゃんという天使を一人でも多くの方に届けるお手伝いをしたい、ご夫婦の胸に抱かせてあげたいという想いから命名されています。
「患者様の赤ちゃんを望む切実な思いに寄り添い、1日でも早く夢を叶えてあげられるよう、患者様に最善の治療を提案しています」と院長の末吉先生は話します。
〝クリニック ドゥ ランジュ〞では、患者様本位の治療体制をとるため年中無休で診察しています。検査結果、これまでの治療歴や妊活期間、月経周期や排卵時期などを総合し、患者様1人1人の体に合わせて、貴重なタイミングを逃さず治療を行うことを大切に考えているからです。
「当院では、基本的にはすべての患者様の診療を院長が一人で担っています。採卵や胚移植などの重要な処置も全症例担当していますので、クオリティの高い医療を安定的にご提供できると考えています」

豊富な知識と経験を持った培養士が、責任を持って患者様の卵子・精子をお預かりしています

何事も事前の準備が大切です。 不妊治療も同じです

自然妊娠する方でも年齢が上がってくると妊娠しにくくなり、流産や生まれた赤ちゃんの染色体異常発生率が高くなります。これは加齢による卵巣機能の低下が原因で、卵巣に古い卵子(遺残卵胞)が残り、これが排卵して妊娠してしまうからです。このような状態のまま治療を続けても残念ながら妊娠には至りません。ですので当院では、事前に遺残卵胞を無くす治療をしてから体外受精を行います。事前に治療を行う事で本来その月に排卵すべき良好な卵子を確保する事ができます。
この事前の治療を行った上で、排卵誘発のための投薬・注射をある程度積極的に使用。できるだけ少ない回数で妊娠へ導くことで、患者様の身体的・精神的な負担を軽減できるような治療を提案しています。
受精卵を扱う培養士も豊富に経験を積んでおり、看護師も長く不妊治療に携わってきたベテラン揃い。経験豊かなスタッフが高い妊娠率を求めて集まり、最善の方法で妊娠を目指しています。

菊池培養室長。不妊治療説明会では実際の画像やグラフを使用し、培養の説明を致します

Point 参加費無料の不妊治療説明会を開催

体外受精や不妊治療の仕方、当院の特徴や治療方針などを、スライドや動画を使って分かりやすくご説明いたします。当院での不妊治療をご検討されている方や、治療を始めるかどうか迷われている方、不妊治療に興味をお持ちの方も、是非ご参加ください。

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/