1. トップ
  2. 妊活
  3. もっと自然に。私たちは自然妊娠と同じ “一つ一つの卵”を大切に扱います【加藤レディスクリニック】

もっと自然に。私たちは自然妊娠と同じ “一つ一つの卵”を大切に扱います【加藤レディスクリニック】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再診・総合受付、待合室がある4階フロアの風景です

加藤レディスクリニック

住所:東京都新宿区西新宿7-20-3 ウエストゲート新宿ビル
電話番号:03-3366-3777 
交通:東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」1番出口より徒歩4分、「西新宿駅」E8番出口よりすぐ
   都営大江戸線「新宿西口駅」D4番出口より徒歩6分、JR線「新宿駅」西口より徒歩7分
診療時間:再診受付/平日 7:30~12:00、15:00~19:00
     土曜、日曜、祝日 7:30~12:00のみ
休診日:なし
備考:初診は完全予約制です。HPからご予約ください。現在、当院提携の治療院・薬局はございません
https://www.towako-kato.com

Profile

院長/加藤 恵一先生
2000年金沢大学医学部卒業。金沢大学医学部産科婦人科学教室入局後、国立金沢病院、国立病院東京災害医療センター、New Hope Fertility Centerを経て、2007年より加藤レディスクリニック勤務。2011年診療部長、2013年より加藤レディスクリニック院長に就任。日本受精着床学会理事。

検査は必要なものだけ、採卵待ちもありません

新宿駅・西新宿駅から徒歩2分とアクセス抜群の立地にある加藤レディスクリニック。不妊治療施設のパイオニアとして、定評があります。そして加藤レディスクリニックと言えば、薬をできるだけ使わない治療が大きな特長です。

「患者様ごとのリズムで起こる排卵を重視しており、できるだけ自然に近い形での妊娠を目指しています。そのため、土曜・日曜・祝日や年末年始を含む365日、年中無休で診療を行い、患者様の排卵日に合わせた治療を行っています。また可能な限り薬を減らして自然に近い状態で排卵を促すことにより、心とからだへの負担をできるだけ軽く出来るように配慮しています。患者様のからだへの負担や痛みをできるだけ軽減するため、採卵時に使用する針や胚移植時に使うカテーテルを独自に開発しました。採卵針の先端部分には出血量の軽減と痛みを和らげる工夫をしています」と院長の加藤先生。

加藤レディスクリニックでは、患者様が自分のご都合に合わせてスムーズに予約を取れるようにWEBでの予約システムを導入しています。院内移動のご案内、各情報についても携帯端末によるメールでのお知らせをしています。

内診室では医師や看護師がわかりやすくご説明します

受精卵を育てる培養室。無菌状態で光、温度、湿度を制限

患者さん以外でも利用できるラウンジは受診前の予習におすすめ

不妊治療に関する書籍や雑誌、あるいはインターネットなどを利用して、不妊治療について勉強してから受診する人も最近は増えているようです。そんな事前の予習にぜひ利用してほしいのが、定期的に開催される患者様向け説明会と、加藤レディスクリニックと同じビル内にあるストークラウンジです。くつろぎながら、一般的な不妊治療の基礎知識から加藤レディスクリニックの不妊治療までをわかりやすい映像で勉強できるラウンジスペースです。男性不妊についての内容も充実しているので、女性だけでなく、男性にも分かりやすい内容に。タッチパネルを操作するだけで治療の最先端などの情報も得ることが出来ます。加藤レディスクリニックで治療中ではない方も、無料でご利用いただけます。通院をご検討中の方も、お気軽にお越しください。

ストークラウンジは、患者様が不妊治療について画像を見ながら理解を深めていただける空間です

Point 大切なのは心もからだも

限りなく薬を減らし、自然周期治療を行います。患者様の多くは「できるだけからだに負担が少なく、回り道することなく子供が欲しい」と希望し来院されます。

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/