1. トップ
  2. 妊活
  3. 子供を授かりたい皆様の「虹の架け橋」になれるよう婦人科手術から出産までトータルにサポートします【荻窪病院 虹クリニック】

子供を授かりたい皆様の「虹の架け橋」になれるよう婦人科手術から出産までトータルにサポートします【荻窪病院 虹クリニック】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

曲線のフォルムが印象的な受付で患者様をお迎えします

荻窪病院 虹クリニック

住所:東京都杉並区荻窪4-32-2 東洋時計ビル8階・9階
電話番号:03-5335-6577
交通:JR・東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」南口より徒歩5分
診療時間:月曜~土曜 9:00~12:00、月曜~金曜 13:30~17:00
     ※月曜午後一部診療時間16:30まで
休診日:土曜午後、日曜、祝日
備考:近くにコインパーキングあり
https://www.ogikubo-ivf.jp/

Profile

産婦人科部長/吉田 宏之先生
1998年慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院、永寿総合病院などを経て2009年に荻窪病院に着任。2011年より現職。生殖医療、腹腔鏡・子宮鏡下手術を専門とし、虹クリニックでは生殖医療を、荻窪病院では婦人科手術から出産までと、女性医療にトータルに取り組む。

総合病院との連携ですみやかな治療を

虹クリニックは「お子さんを授かりたいご夫婦の希望の架け橋となること」を願って2008年に荻窪病院の不妊部門が独立する形で開設されたクリニックです。荻窪病院は日本で4番目に体外受精による妊娠・出産に成功した総合病院でもあり、早くから不妊治療に取り組んできました。

現在は本院の産婦人科医6名が虹クリニックの診療を担当。本院と連携して婦人科手術、高度不妊治療、出産まで、不妊治療の患者さんをトータルに診ることができるのが、虹クリニックの強みとなっています。

例えば、子宮筋腫や子宮内ポリープなどが検査で見つかり、不妊の原因のひとつと考えられた場合、本院での手術を設定することができ、治療のステップを進められるのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

「不妊治療から出産まで、長く患者さんを診ることができるオールラウンダーでありたいと思っています。そのための勉強は、日々欠かせません」と産婦人科部長の吉田宏之先生。急速に進歩する不妊治療についての知識の習得は余念がないと語ります。

温かみのあるオレンジが基調の診察室

最先端の医療機器が揃っている培養室

男性不妊治療やメンタルサポートも好評

虹クリニックでの治療は、基本的にタイミング法や人工授精など自然に近いものから始まりますが、年齢や状態により体外受精や顕微授精など最適な治療を十分な説明の上、患者さんとともに選んでいきます。

夫がRE(逆行性射精)や無精子症の場合でも、本院泌尿器科の生殖医療専門医による精子採取により、人工授精や顕微授精が可能です。

また患者さんのメンタルサポートにも定評があり、今年の春からは、通院を検討されている方に、虹クリニックの検査や治療の流れなどについて、スタッフが分かりやすくお伝えする『妊活ひろば(妊活勉強会)』(無料・要予約)を開始しました。

個別にお話しされたい方には、看護師による『妊活なんでも看護師相談』(無料・要予約)もおすすめです。妊活を始めようとされる方の疑問に思うことや不安に思うことなどのご相談にのっています(詳しくはHPをご覧ください)。

「赤ちゃんが欲しいと悩んでいるのなら、ひとりで抱え込まず、ぜひ受診や相談にいらしてください。正しい最新の知識をお伝えできたらと思います」と吉田先生は話します。

スタッフが笑顔でサポートします

Point 基本検査、特殊検査、高度不妊治療まですべて対応

一般不妊検査・治療からタイミング法、人工授精、高度生殖医療の体外受精・顕微授精まで、不妊治療に関わるほとんどの治療をステップアップ式で行うことができます。患者さんへ十分な説明を行い納得していただいた上で治療方針を決定、不妊カウンセラーによる心のケアも受けられます。

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/