1. トップ
  2. 妊活
  3. [妊活] 神戸蘭子さん インタビュー <前編> 二度の多嚢胞性卵巣症候群を乗り越えて

[妊活] 神戸蘭子さん インタビュー <前編> 二度の多嚢胞性卵巣症候群を乗り越えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2014年に結婚し、すぐに「子どもが欲しい」。
そんな神戸蘭子さんの前に立ちはだかったのは「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」という卵巣の病気でした。
それから始まった神戸さんの妊活。いざ妊活を始めてみたら、思いがけない病気が見つかることもある。そんな体験をした先輩の「本音」を読んでみてください。
今回は、神戸蘭子さんインタビュー<前編>をお届けします。

神戸蘭子(かんべらんこ)さんプロフィール

1982年生まれ、宮崎県出身。文化女子大学服装学部卒業後、アパレルブランドに就職。
同時にファッション誌『JJ』でモデルデビュー。数々のファッションショーやテレビ番組で活躍する。
2014年に結婚。2016年に長男を出産、現在第2子を妊娠中。特技の裁縫を生かし、ハンドメイドブランド「CIEL BONBON」を設立。作家としての活動もスタート。
詳しくは、『神戸蘭子オフィシャルブログ』

関連:マキシマム ザ ホルモン ナヲさん インタビュー<前編> 人気絶頂のロックバンドが妊活休業!?

結婚して、子どもが欲しいと思った矢先に病気が発覚。頭がまっ白になりました

2016年に第1子を出産し、現在第2子を妊娠中の神戸蘭子さん。第1子、第2子ともに不妊治療を経ての妊娠であることを公表し、話題にもなりました。

そもそも最初に体の異変に気づいたのは20歳のころ。
「出血が1ヶ月くらい続いたりして、生理不順だったんです。私はあまり気にしないタイプなので『おかしいな〜』くらいにしか思っていなかったのですが、帰省したときに母に『1ヶ月くらい生理が続いているんだよね』と話したら『それは大変』と婦人科に連れて行かれました。医師の診断は『無排卵月経』。『ホルモンのバランスがよくない』『子どもができにくい』と説明を受けて、基礎体温をつけるようにすすめられました。とはいえ、若いし、自然に治る場合もある、と。すぐに子どもが欲しいわけでもないから『様子見で大丈夫』とのことでした」

その後はモデルとして忙しい毎日を送っていた神戸さん。相変わらず生理不順は続いていましたが、ほとんど気にせずに過ごしていました。

「でも、『子どもができにくい』と言われたことが心のどこかに引っかかっていて、生理不順を治したいと思うようになりました。それに私の場合、生理前のイライラもすごく激しかったんです。再び婦人科を受診して医師に相談したら、ピルをすすめられました。ホントかどうかわからないけれど、友だちから『ピルを飲むのをやめたあとは妊娠しやすい』なんて話も聞いたりしていたので、ピルを飲み始めることに。ピルを飲んでいれば生理がいつ来るかわかってラクだし、仕事の調整もしやすい。生理前のイライラも解消されたし、肌のツヤもよくなった気がして、変な言い方かもしれないけれど、『ピルは私にとって完璧なお薬!』なんて思っていました(笑)」

生理不順の不安から解放された神戸さん。その後、32歳のときに結婚しました。

ピルをやめたら生理がストップ。「多嚢胞性卵巣症候群」に

「『子どもは何人か欲しいな』と思っていたし、体も整っているからピルの服用をやめたらすぐに子どもができるだろうと信じていました。ところが、ピルをやめたらなぜか生理が来なくなってしまったんです。それまで何年も定期的に来ていたのに、パッタリと止まってしまった……。あわてて受診したら『多嚢胞性卵巣症候群』と言われました。初めて聞く病名。自分が病気だとは予想もしていなかったし、字も難しい漢字だから重病なのかと思ったりして(笑)。とにかくビックリして、頭がまっ白になってしまいました」

妊活期間は1年以上。タイミング法でついに妊娠!


「多嚢胞性卵巣症候群」とは、排卵が起こりにくい=妊娠しにくいとされる病気。原因ははっきりとはわかっていませんが、現代女性は増加傾向にあるといわれています。

「生理を起こすためにクロミッドという薬を処方され、生理が来たらタイミング法にトライすることになりました。私自身、病気のことでまだ頭が混乱している状態。『結婚したらすぐに子どもを産んで……』なんて勝手にイメージしていたので、自分の気持ちを整理するのに少し時間がかかりました。とはいえ、時間はどんどん過ぎていく。1ヶ月に1回のタイミングはやって来るので、その流れに身を任せることにしました。ネットなどで調べてみると、同じ病気の人が意外と多いということもわかって。私の友だちにもいたのでいろいろ教えてもらったり、経験者の体験談を読んだりするうちに、少しずつ気持ちがラクになってきました」

病気を抱えながらの妊活。時には心が折れそうになったことも。

「病気がわかった最初のころは、『自分は薬を飲まないと赤ちゃんを授かれないんだ』ということに落ち込んだりして、何ヶ月か通院をお休みしたこともありました。でも、それでは先に進めない。前を向くしかないと覚悟を決めて、再び通院を始めました。そんなふうに妊活を1年以上続け、『そろそろ不妊治療専門クリニックを紹介しますね』という話が出始めたころ、妊娠が判明しました。それまで何度もタイミング法にトライして、生理が来ては落ち込んで。
あまり期待しないようにとだんだん自己防衛するようになっていました。そのときも『どうせ妊娠していないだろう』と思ったけれど、おなかの張りを感じたりして、いつもと感覚が違ったんです。妊娠検査薬を試したら『できてる!』って」

神戸蘭子さんの妊活インタビュー、続きは<後編>でお届けいたします。

関連:神戸蘭子さん インタビュー <後編> 二度の多嚢胞性卵巣症候群を乗り越えて

神戸蘭子さんの妊活HISTORY

●20歳ごろ:生理不順
1ヶ月ほど生理が続き初めて婦人科へ。「無排卵月経」と診断される。

●27歳ごろ:ピルを飲み始める
人生で二度目の婦人科へ。医師からピルをすすめられ服用をスタート。
生理不順も生理前のイライラも改善されて快適に。

●32歳:結婚
「 子どもが欲しい」とピルをやめたら生理もストップ。
婦人科を受診すると「 多嚢胞性卵巣症候群」と診断される。治療しながら妊活スタート薬を飲んで生理を起こしてからタイミング法にチャレンジ。
生理が来るたびに落ち込み通院をお休みしたことも。

●33歳:妊娠が判明!
1年以上通院するも授からず。
不妊治療専門クリニックに転院しようと覚悟を決めて臨んだタイミング指導で妊娠。

●34歳:第1子を出産
2016年5月、第1子となる長男を出産。

●35歳:2人目妊活をスタート
「2人目が欲しい」と受診するも再び「多嚢胞性卵巣症候群」と診断される。
タイミング法に数回トライした後不妊治療専門クリニックに転院。

●36歳:第2子を妊娠
人工授精へのステップアップを決断。3回目の人工授精で妊娠!

●撮影/関 信行
●スタイリング/藤井エヴィ(FJ-PLUS)
●ヘア/NAVE
●メイク/中村真菜
●取材・文/本木頼子

ワンピース16,000円/And Couture(And Coutureルミネ新宿店)

関連:赤ちゃんを授かった私たちだから言える「不妊治療リアル体験ヒストリー」

▼『妊活たまごクラブ2019-2020年版』は、妊活に役立つ情報が一冊に詰まった妊活スタートブック。

■おすすめ記事
【動画】プロサッカー選手がなりたい父親像は? 柿谷曜一朗さん&丸高愛実さんインタビュー

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/