Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊活
  3. 第3子が臨月、山田ローラ コロナ禍のハワイでの妊婦健診・立ち合い出産の現状を語る

第3子が臨月、山田ローラ コロナ禍のハワイでの妊婦健診・立ち合い出産の現状を語る

ラグビー選手の妻で男女双子のママである山田ローラさん。現在第3子の出産のためハワイに里帰り中ですが、いよいよ臨月に。新型コロナでロックダウンが続くハワイの様子を教えてくれます。山田ローラさんの「日米子育てリポート」連載、今回は「コロナ禍のハワイでの妊婦健診」のお話です。

3月ぐらいからロックダウンが続くハワイ。妊婦健診の予約も厳しく

前回の双子妊娠中と同様、今回もアメリカで出産する予定です。州は違えど、ハワイも同じアメリカ!妊婦健診や手続きの流れは理解しているし気楽に出産に挑めると思っていました。
けれど襲いかかってきた新型コロナ問題。ハワイは小さな島であるが故に病院のキャパシティーもほかに比べると小さいです。新型コロナで病院がパンクしてしまうと大変なので、3月くらいから厳しいロックダウンが続いています。

その影響もあり妊婦健診や出産の流れなども変わってきました。
私が通っているハワイの産婦人科は今までも予約制でしたが、最近では枠を少なくして一人一人の時間を多く見積もっています。

クリニックにいる間はほかの方に会わずのほぼ貸し切り状態。クリニック内はマスク着用が義務づけられていて、中に入るとすぐに体温を測られます。
受け付けで予約の確認をする際にコロナに対するアンケートも書かなければいけません。風邪の症状はないか、感染者と接触していないか、14日間以内にハワイから旅行へ出かけていないかなどかなりこまかく記入します。もちろん使うペンも一回一回消毒されています。

その後すぐ診察室へと向かい、体重や血圧などの準備をしているとフェイスシールドとマスクをした医師が部屋に入ってきます。(ちなみに診察室も毎回完全に消毒されているのでかなり安心です!)先生と体調の変化や相談事などザッと話をし、赤ちゃんの心音を聞き、腹囲を測ります。最初から最後まで10分もかからなくてビックリ!! はじめて行った時はあまりにも早すぎて、「え!! もう終わり!! エコーとか…なんかもっと診察とかないの!!」と少しモヤモヤしてしまいました。

医療費が高いアメリカでは、妊娠中のエコー検査は2、3回ぐらい

日本だとエコーは毎回してくれて赤ちゃんの様子を見られるから安心できるのですが、アメリカではハイリスク妊娠ではない限り妊娠期間中全体で2・3回しかありません(前回の妊娠は双子だったためアメリカでもエコー検査は多くありましたが)。

1回目は妊娠初期の時に正常な妊娠と予定日の確認。2回目は18~22週目あたりで性別判断と赤ちゃんがちゃんと成長しているかどうかこまかくみてくれます。心臓や内臓の発達や、手足の指を数えたりなどします。3回目は妊娠後期、出産直前のエコーで赤ちゃんの頭の向きなどを確認します。
アメリカでは医療費がものすごく高いため、毎回エコーをしてもらうととんでもない金額を請求されてしまうので、医師が判断し必要な場合のみのエコーになります。赤ちゃんの様子が見られないのは不安だし少し寂しい気持ちもありますが、産まれた時の楽しみが増える!って無理やりポジティブに考えるようにしています。

出産の立ち会いは1人だけ。そして立ち会うならオールインで

出産の時も通常より厳しくなっているそうです。私が予約をしている産院では入院前には必ずPCR検査を受ける決まりになっています。

幸い立ち会いはまだ許されていますが、立ち会いをするパートナーは1人。そしてオールインかオールアウトになるそうです。という事は赤ちゃんが生まれてから退院するまでパートナーもずっと病院にいなければいけません。何かの理由があって病院を出てしまうと、母子退院まで会えないそうです。
こうなるとママの病院バッグだけではなく、パートナーのお泊まりバッグも用意しなければいけないです。でもうれしいことに入院中はパートナーの分までごはんはちゃんと用意され、個室で家族の時間をゆっくり作れるみたいです。双子たちは病院にはこられないのでベビーに会えるのは退院後の自宅となります。

けれどアメリカの退院はかなりスピーディー!!私が入院する予定の病院では普通分娩の場合は24時間~48時間、帝王切開で72時間ほどの短い入院期間になります。とくに帝王切開はこんな短くて大丈夫なのか⁈って思いますが、コロナ禍での長期入院は少し不安もありますし、これ以上パワフルな双子を私の両親に預けるのも申し訳ないためサクッと自宅に帰りたいと思っています。

なかなか終わりが見えないパンデミックの中、妊娠や出産はいつも以上に心配になることがあります。ハワイの病院では妊婦へのストレスを極力軽減しようとしている様子なので、まだ不安はありますが、のんびりとあと少しの妊婦ライフをエンジョイしたいと思っています。

文/山田ローラ 構成/ひよこクラブ編集部

山田ローラ
Profile
タレント・コラムニスト。1988年9月23日生まれ。アメリカ・アイオワ州出身の日米ハーフ。アメリカで大学を卒業後、日本でモデルデビュー。2015年3月にラグビー選手の山田章仁さんと結婚、2016年9月に男女の双子を出産。2020年10月に第3子をハワイで出産予定。

■おすすめ記事
山田ローラ ワンオペでの双子育児は想像以上のつらさ

妊活

更新

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら

ピックアップ

たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。