1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「AKOMEYA TOKYO」に聞く、お米のおすすめ銘柄&ごはんのお供BEST3

「AKOMEYA TOKYO」に聞く、お米のおすすめ銘柄&ごはんのお供BEST3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


炊きたてのごはんがあれば、それだけで幸せ。「日本人でよかった〜!」と思う瞬間ですよね。毎日食べるものだからこそ、ちょっといいものにこだわってみませんか? 銀座にあるおしゃれなお米屋さん『AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)銀座店』にお邪魔して、一度は食べてみたいおすすめ銘柄と、これがあればおかわり必至!な"ごはんのお供"を探してきました!

毎日のごはんが楽しみになる!AKOMEYAおすすめ銘柄


AKOMEYA TOKYO銀座店で取り扱っているお米は全部で27品種。購入時にその場で玄米から精米してくれるので(無料)、いつでも新鮮なお米を買うことができます。今回は、その中でもおすすめの2つを教えてもらいました。

お弁当やおにぎりにぴったり!「にこまる」


モチモチとした食感で冷めても硬くなりにくいのが特徴。ぼそぼそしやすい玄米ごはんにもおすすめです。お弁当やおにぎりをつくる機会が多い、子どものいる家庭にはうれしいですね!
(佐賀県三日月町産・特別栽培米 玄米1kg 810円)

秋田県産「つぶぞろい」は大粒の噛み応えを楽しんで


平成27年にデビューしたばかりの新品種は、その名のとおり粒が大きいのが特徴。AKOMEYAではその中でも特に大粒のものを選りすぐっているのだとか。一粒一粒が主張してくるような、個性的な食感のぜひ味わってみて。
(秋田県由利本庄市産 玄米1kg 830円)

自分好みの味を探すのも楽しい、「利き米セット」も


AKOMEYAおすすめの銘柄が、1回分にちょうどいい2合ずつでセットに。いろいろ試したい時に、またギフトにも人気だそう! ※セットに入っている銘柄は時期によって変わります。
(5種2,000円、7種2,700円、10種4,200円)

食べ出したら止まらない!AKOMEYAイチ押し“ごはんのお供”

AKOMEYAはお米以外の品揃えもとっても豊富。お米コーナー隣の食品売り場には、全国各地から集めた加工食品や調味料がところ狭しと並んでいます。今回はその中から、スタッフの方イチオシのアイテムをピックアップ。アツアツごはんにはもちろん、お酒のアテにもよさそう♪

これさえあればもう何もいらない?!ごはんのお供BEST3

左:さんまのフレークをごぼう、にんじん、ごまと一緒に炊きあげた「さんまぼろぼろ」はしっかりした味付けなので魚嫌いのお子さんにもおすすめ。(700円)、中:「紀州梅昆布茶」は、完熟南高梅と北海道産利尻昆布の佃煮を合わせてペースト状に。おにぎりの具やパスタなどにも。(1,051円)、右:海苔の佃煮にじゃこと山椒がたっぷり。磯の香りと山椒の爽やかさが絶妙!「ジャコのり」(550円)

チルド系人気No.1は黒と白の“手切り”煮豚


冷蔵品コーナーの売れ筋1位、リピーター続出なのがこちら。ブロックを手でカットしており、それぞれ重量や脂の入り方が微妙に異なるので、お客さんはひとつひとつをじっくり吟味して買っていくそう。しっかり味付けの“まっくろ”は、ごはんにのっけて丼にしても、塩だけで味付けした“まっしろ”はわさびを添えても美味。(各1,500円)。

雑貨が大充実。食卓やキッチンがもっと楽しくなる!


2Fフロアも必見! 器や鍋などのキッチン用品が、“お米を買いに来たついでに”見るのではもったいないくらい、とっても充実しているんです。ごはんがもっとおいしくなりそうなこだわりのアイテムばかりで、欲しいものがたくさん見つかるはず!

炊飯用土鍋で、憧れ“土鍋炊き”デビュー


ころんとしたフォルムがかわいいAKOMEYAオリジナルの炊飯土鍋。火力調整がいらず、また吹きこぼれない工夫がしてあるので、初めての人でも簡単。これらの和のアイテムは、外国人のお客さんにも大人気だとか。(左:1.5合炊き8900円、右:3合炊き16800円)

おにぎり型、美味しさのヒミツは素材にあり!


懐かしいおにぎり型、小さいころ家にあった!という人も多いのでは? 木製のおにぎり型は、ごはんの余計な水分を木が吸収してくれるので、よりおいしいおにぎりがつくれるんだとか。これなら子どもたちもすすんでお手伝いしてくれるかも?(上:小 800円、下:大 1400円)

こだわりごはんを、美しいお茶碗でよりおいしく


器コーナーは、ここだけでひとつのお店になりそうな充実ぶり。ふだん使いしやすい価格帯から作家ものまで、幅広く扱っています。また季節に合わせたアイテムも豊富で、行くたびに発見がありそう!

『AKOMEYA TOKYO銀座店』ではAKOMEYAで取り扱う食品や器を使った食事処「AKOMEYA厨房」もあり、まずはここでおいしさを確かめてみるのもいいかも! AKOMEYAで、お気に入りの味をぜひ探してみてくださいね。(文・山崎 恵)

『AKOMEYA TOKYO銀座店』
東京都中央区銀座2-2-6
TEL:03-6758-0270
営業時間:11:00〜21:00
【AKOMEYA厨房】
TEL:03-6758-0271
営業時間:ランチ11:30〜14:00、カフェタイム14:00〜17:30(L.O.16:30)、
ディナー17:30〜22:00(L.O.フード21:00、ドリンク21:30)

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
授乳中ママのおうちカフェに♪カフェインレスコーヒータイプ別9選

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事