Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ただの虫刺されではすまないことも…重症化・長期化することもある子どもの皮膚トラブルに注意

ただの虫刺されではすまないことも…重症化・長期化することもある子どもの皮膚トラブルに注意

きちんと対策していても、気づくと増えている虫刺され。とくに小さな子どもは虫に刺されても自分ではなかなか気づけないうえ、かきむしって患部を悪化させてしまうことも多いので、大人が注意してあげることが大切です。子どもの虫刺されを悪化させない対処法と、医療機関を受診する目安について、専門家に聞きました。

【プレゼントあり!】わが家の守ってもらったエピソード募集中!
社会のグローバル化と地球温暖化がすすむ今、家族を守るためにこれまで以上に気を配りたい感染症対策。「バルサン」では、いつでもどこでも家族みんなが気軽に使えるアイテムで毎日の感染症対策を応援! SNS投稿でプレゼントが当たるキャンペーンも実施中。詳しくは特設サイトでチェック!

かゆみ・はれは遅れてやってくる。大人とは違う子どもの虫刺され

虫に刺されたときに起こる症状には、①刺された直後にかゆくなり1~2時間で治まる反応(即時型反応)と、②刺された直後は無症状で翌日以降にかゆみなどが現れる反応(遅延型反応)があります。

2つの反応はそれまでに虫に刺された経験の多さによって異なり、一般的に、虫に刺された経験の少ない乳幼児では遅延型反応が多く、成長するにつれて即時型反応へと移行します。

ただ、そのように移行する過程で両方の症状が出ることもあります。そのさいは、刺された直後にかゆくなり、いったんかゆみが治まるものの、翌日またかゆくなる場合があるため、それなりに蚊に刺される経験を重ねた小児期にも注意が必要です(程度には個人差があります)。


携帯用や大容量も。赤ちゃんにも使える肌にやさしい虫よけミスト

ラインナップはこちら


子どもに多いとびひ。予防にはばんそうこうや虫刺されパッチも有効

赤ちゃん・子どもの虫刺されで注意したいのが、刺された場所をかき壊してしまうこと。かき壊すことで傷口から細菌が入ると水疱(水ぶくれ)やかさぶたができ、ほかの部位にも症状が広がることでとびひ(伝染性膿痂疹(のうかしん))になることもあります。

対策はなるべくかかないこと。そのためには、早めに刺された場所を流水などで洗って清潔にする、保冷剤やぬれたタオルなどで刺された場所を冷やす、メントール成分が含まれる市販薬を使用するなどして、できるだけかゆみを抑えてあげましょう。翌日以降のかゆみには、ステロイドが入ったものがよく効きます。

また、傷口から細菌が入らないように、蚊に刺された場所を不衛生な手で触ったり、かいたり、つめでバッテンをつけるようなことも避けましょう。

不用意にかいたり、触ったりするのを防ぐために、ばんそうこうや虫刺されパッチをはるのも効果的です。

それでもとびひになったら…まずは市販薬で様子を見てもOK

とびひ=医療機関を受診、と思いがちですが、軽症(水疱などの病変がおおむね10個以下)の場合は市販の塗り薬(抗ヒスタミン薬)で対処できます。そのさいは、水疱が壊れて患部が広がることがないよう、塗り薬の上から患部をガーゼ等で覆いましょう。
こまめにシャワーを浴びるなど、体を清潔に保つことも大切です。タオルは都度取り変えて、家族やほかの場所にとびひが移らないよう注意しましょう。

市販の塗り薬を5~6日使用しても効果がみられないときや、皮膚症状が広い・全身の発熱症状等を伴うといった場合は、医療機関(皮膚科、小児科)を受診しましょう。

熱がある、はれ・かゆみが強い…虫刺されで受診する目安は?

蚊に刺された場合、通常は2~3日で症状が和らぎますが、まれに、発熱、はれがひどい、食欲がないなど症状が強く出ることも。その場合は迷わず医療機関を受診してください。

また、数日たっても症状が治まらない場合も受診しましょう。

刺されたらすぐ受診!蚊のほかに注意すべき虫

ムカデや毛虫、ハチ、マダニなどの虫に刺された場合は、はれやかゆみが強いためすぐに医療機関を受診しましょう。マダニはペットが外から持ち込むことがあるので、家の中でも注意が必要です。

ほかに室内で気をつけたい虫は、アタマジラミとトコジラミです。
アタマジラミは集団生活の中で感染することが多いため、保育園や幼稚園に子どもを通わせている場合は頭髪を注意して見てあげましょう。
トコジラミは近年ビジネスホテルや旅館を中心に被害が急増していて、刺されるとはげしい痛みを感じるため、宿泊施設を利用するさいはとくに注意してください。

お話を伺った先生
津田良夫先生

元国立感染症研究所 昆虫医科学部 室長で、現在レック株式会社バルサン事業本部技術顧問を務める。人や動物の病気を媒介する蚊の生態を研究している。

赤ちゃんから使える虫よけミストで、こまめな虫刺され対策を習慣に

子どものためにも徹底したい虫刺され対策。一番は長袖、長ズボンなど肌の露出をできるだけ控えることですが、日中は暑くてつらいことも。

そんなときに頼りになるのが「スキンバルサン ガードミストウォーター」。肌にやさしい成分だから、生後6カ月未満の赤ちゃんにも使えて、1日の使用回数の制限もなし。たくさん汗をかく日も、蚊などの虫刺されから家族をしっかり守ってくれます。

ポケットサイズの50mlから、ママバッグに入る220ml、大容量の400mlと3サイズ展開。大きなボトルを玄関先に置いておけば、外出時のつけ忘れを防げます。家族みんなで、お出かけ前の虫よけ習慣をはじめましょう!

室内でも気は抜けない!お家の中での虫よけはこのシリーズも

お家の中での虫よけには、「バルサン虫こないもん置くだけ」。火、電池、コンセント不要。室内に置いておくだけで、ユスリカなどの飛翔している不快害虫を駆除してくれるから、小さな子どもがいる家庭でも安心して設置できます。音が出ないので、子どもが気になって手を伸ばす危険も少なそう。


玄関先や室内での害虫対策をオシャレに!頼れるバルサン虫こないもん置くだけシリーズ

ラインナップはこちら



毎月20名様に図書カード500円分をプレゼント!

アンケートはこちら



SNS投稿でプレゼントが当たるキャンペーン実施中!
詳しくは特設サイトでチェック!

■おすすめ記事
>>感染症対策の記事一覧はこちら

協力/レック株式会社

赤ちゃん・育児

更新

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。